今や生活の必需品になりつつある「スマートフォン」ですが、昼夜問わずいろいろな場所で使っていると、目だけでなく、手も疲れてきますよね。今回のメルマガ『ドクター徳田安春の最新健康医学』では、人間工学の観点から、著者の徳田先生が「疲れないスマートフォンの選び方」を教えています。ポイントは“親指”にあるそうです。

健康的なスマホのサイズとは

エルゴノミクスでスマホを研究

人間工学(エルゴノミクス)という学問分野があります。人間の生理的・心理的な特徴をもとに、「人間にとっての使いやすさ」という視点から、装置や機械などのデザインを研究する学問です。

エルゴノミクスの目的は、疲れやストレスをなるべく感じずに人間が装置や機械を扱えるようになることです。長時間の同一動作は関節や腱、筋肉などに影響を及ぼすことがあり、装置や機械などのデザインもその影響に関係する重要な因子だからこのような学問が発達してきたのです。

さて、現代の日本人が最も長時間利用している機械とは何でしょうか。もちろん、スマホです。多くの人々は、起きている時間の中のかなりの割合でスマホを扱う時間に費やしているでしょう。

鍵は「親指」

スマホ動作についてのエルゴノミクスのエキスパートであるハーバード大のジャック・デナーレイン客員教授は、鍵は「親指」にある、と述べています。親指の動ける範囲が、スマホの画面のどこまで届くかがポイントです。親指がタッチスクリーンをスワイプし、アイコンをタップする。この動作がシームレスに行われるのがよいのです。

その意味では、今年3月に登場した4インチ(10.1センチ)のiPhone SEは、これまでのスマホと比べて、エルゴノミクス的に良くなっており、扱いやすくなっているといえます。

手でモノを握っているとき、その手の親指の動きはかなり制限されてしまいます。そのため、サイズの大きなスマホを使っていると、親指で届かない部位があるために、その都度にスマホを握りなおす必要性が出てきます。その「握りなおす」時がスマホ落下のリスクが最も大きいときです。「スマホは小さいのがよい」の理由は、落下のリスクが小さいからともいえます。

タッチスクリーンの中央部がスイートスポット

また、タッチスクリーン上のアイコンが存在する場所も重要です。デナーレイン客員教授によると、それは「スマホ画面の中央付近」であるという。一般的には仮想キーボードはスマホ画面の下部に出ていることが多いですね。

エルゴノミクスの研究では、親指の付け根に近すぎると、親指の動作のパフォーマンスが最も低くなることが示されています。実際、向かって右下の隅の部分は、右親指ではタッチ不可能な場所となります。

仮想キーボードが中央にくるようにすると、親指の関節可動域のちょうど良い位置におかれることになるので、長時間の動作継続でも関節の障害をきたしにくいということです。メーカーもこの知見を活かして開発をしてほしいところですね。

指の長さも考慮

さて、スマホのサイズの話にまた戻りましょう。九州大学の研究によると、高齢の人と親指の長い人では、少し大きめのサイズのスマホのほうが親指の動作パフォーマンスがよくなるとのことですので、ユーザーは自分の「指の長さ」にフィットするスマホを使うとよいということです。

電車の中で人々がどのようにスマホを動作しているかを調べた台湾の研究では、立っているときは多くの人が片手で操作し、座っているときは両手で操作していることが多かったとのことです。しかしながら、片手操作は落下のリスクが高くなるし、パフォーマンスも両手操作のほうがベターです。

もちろん、スマホの購入は親指の「健康」のみで決められるはずではありませんが、ぜひこのエルゴノミクスの研究結果も考慮したスマホ選びをするとより賢い選択ができるようになると思いますよ。

私自身のスマホの用途はといえば、メールを読んだり、調べ物をしたり、いろいろです。最近では、電車に乗っていても、ノイズキャンセリングイヤホーンで騒音から耳を保護しながら、好きなジャズのライブシーンをユーチューブで見ていると、私だけのシアター空間となります。その場合、画面のサイズは小さ目でもいい感じですね。

文献

Trudeau MB, Young JG, Jindrich DL, Dennerlein JT. Thumb motor performance varies with thumb and wrist posture during single-handed mobile phone use. Journal of biomechanics 2012;45:2349-54.

Xiong J, Muraki S. Effects of age, thumb length and screen size on thumb movement coverage on smartphone touchscreens. International Journal of Industrial Ergonomics 2016;53:140-8.

Liang H-W, Hwang Y-H. Mobile phone use behaviors and postures on public transportation systems. PloS one 2016;11:e0148419.

image by: Shutterstock.com

 

『ドクター徳田安春の最新健康医学』

世界最新の健康医学情報について、総合診療医師ドクター徳田安春がわかりやすく解説します。生活習慣病を予防するために健康生活スタイルを実行したい方や病気を克服したいという方へおすすめします。

<<登録はこちら>>

出典元:まぐまぐニュース!