「360°BOOK」二次元から現れる三次元の世界 - “宇宙”をテーマに「地球と月」が出現

写真拡大

「360°BOOK」の新刊『地球と月』が青幻舎より登場。2016年10月より刊行される。

表紙同士がくっつくまでページを開くと、360度にわたって円形の世界が現れる「360°BOOK」。第一弾の「富士山」、 第二弾の「白雪姫」に続く最新作のテーマは“宇宙”だ。

繊細にデザインされたページ一枚一枚の連なりによって出現するジオラマが、 見るものを二次元から三次元の世界に。刊行される「地球と月」は、中心に浮かび上がる“地球本体”だけでなくその周りを取り囲む空気感が魅力だ。

【書籍情報】
『360°BOOK 地球と月』
発売日:2016年10月
判 型:90×90mm ギフトBOX入り(120×120mm)
総 頁:60頁
定 価:2,500円+税
ISBN:978-4-86152-551-3 C0076