フィリピンのドゥテルテ大統領 米オバマ大統領への侮辱を後悔

ざっくり言うと

  • ドゥテルテ比大統領が6日、オバマ米大統領への侮辱発言に後悔の念を示した
  • 「米国の大統領に対する個人攻撃という印象を与えたことを後悔」とコメント
  • 「売春婦の息子」を意味の言葉で罵倒し、米比首脳会談が中止になっていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング