写真提供:マイナビニュース

写真拡大

キングジムは9月6日、店舗や公共施設で使える案内表示ツール「インフォメーションポール」を10月19日より発売すると発表した。価格は3,500円(税別)。

「インフォメーションポール」は店舗や公共施設などで、進行方向の指示や注意喚起のために設置されているスタンド式の「案内看板」で、素材に、ファイルの表紙などで使用されているPP(ポリプロピレン)を採用し、一般的な案内看板と比較して軽量化されている。なお、外形外寸は約320(スタンド直径)×895(高さ)mmで、質量は約570g(スタンド含む)。

本体側面には、案内表示を差し込むことができるポケット式の「差し替え見出し」付きで、用途に合わせて表示内容を変更できる。使用頻度が高い案内文の見出し紙を8種類同梱しているほか、キングジム公式サイトから、他の例文をダウンロードしたり、好きな案内文を作成して印刷できるサービスも無料で用意している。案内文は日本語以外に4言語(英語・中国語繁体字・中国語簡体字・韓国語)を併記している。

本体の中は空洞になっており、本体下部に水を入れた500mlペットボトルを入れることによって、安定性を高めることができるという。

また、自立式スタンドが付いているタイプのほかに、市販のベルトパーテーションのポールに被せて使えるカバータイプを用意している。価格は2,300円(税別)。

(丸山篤)