大食い選手権の優勝者が「8分で113枚のパンケーキ」を平らげ世界記録を樹立! 小柄な体型で掃除機のごとくパンケーキを吸い込む姿がマジ凄い!!

写真拡大

日本でも、『大食い王決定戦』といった大食い番組が人気を博しているが、とにかく、彼らの底なしの胃袋は圧巻としか言いようがない。あれだけ食べても太らない体質が、とにかく羨ましくて仕方がないが、なんと、大食い選手権の優勝者が「たった8分で113枚のパンケーキ」を平らげ、世界記録を樹立したというのだ!

その様子を写した動画「113 Pancakes Eaten in 8 Minutes (NEW World Record) 」で、小柄な体型の優勝者が、まるで掃除機のごとくパンケーキを口に吸い込む姿が、マジでスゴイのである!!

・パンケーキの大食いチャンピオン決定戦が開催!

米カリフォルニア州のチコで、パンケーキの大食いチャンピオンを決めるコンテストが開催された。決勝戦には12人の大食い達が挑み、彼らの目の前には、かなり分厚い大き目サイズのパンケーキが積み上げられている。普通の人なら、この1枚でかなりお腹が一杯になってしまいそうである。

そして、会場に集まった観客と司会者のカウントダウンの声と共に、ついに大食いコンテストの火ぶたが切って落とされた!

・‟巨大ヒキガエル” が圧倒的にリード!

のっけから、他とかなりの差をつけた大食いっぷりを見せていたのは、小柄なマット・ストーニーさんだ。彼の隣で、パンケーキにガっついているお兄ちゃんと比べたら、ゆうに30センチは身長差があるのではないだろうか。

にもかからわず、彼は「Megatoad:巨大ヒキガエル」とニックネームをつけられているそうで、その食べっぷりは、巨大ヒキガエルというよりも巨人並み! ゴーゴーと掃除機のように、次々とパンケーキが口に吸い込まれていく様子は、まさに人間ブラックホールである。

・たった8分間で113枚のパンケーキを完食!!

コンテストの展開を見る限り、マットさんの優勝は確実だ。ここまで来たら誰が勝つのかではなく、巨大ヒキガエルが制限時間の8分内で、一体何枚のパンケーキを平らげるかの方が気になってしまうではないか!

再びカウントダウンの声と共に、今度はコンテストの終了が告げられ、予想通りマットさんが優勝!! 彼は、2位に24枚もの差をつけて、113枚のパンケーキを食べ尽して圧勝したのである! この数字は世界新記録だとのことで、巨大ヒキガエルは、大食いチャンピオンの歴史に新たな1ページを刻むこととなったのだ。

なんだかもう、動画を見ているだけでお腹一杯になってしまった。あれだけ食べても太らないなんて、その体質を、少しでも分けてほしいと思わざるを得ない筆者である。

参照元:YouTube、Laughing Squid(英語)
執筆:Nekolas

この記事の動画を見る