無垢の素材もデザインも、そしてテープの切り口までも美しい!

写真拡大

職人技とデザイン、そして優れた技術が盛り込まれた文具を数々生み出してきた Craft Design Technology(クラフトデザインテクノロジー)。ブランドが掲げるこれら3つのファクターを併せ持つ新作は「テープディスペンサー」(1万260円)だ。

無垢の木材と金属製のテープリールが織りなすシンプルで美しいデザインは、日常に溶けこみつつも、さりげない存在感で佇んでくれる。

[関連記事]216円のプロツール「プレスマン」が発売38年目でとうとうカラフルに!

■職人的技術と工業的技術がシンプルなデザインの中で融合

 

本体の素材には国産のブナ材を使用。ブナは、強度としなやかさを兼ね備えているが、近年は希少な木材になっていて、流通量が激減しているという。

本体の製造を担当する岐阜県高山市のオークヴィレッジは、森林資源の有効活用に取り組む木工メーカーだ。このテープディスペンサーに使われるブナ材も、森林整備の過程で間伐した樹木から良材を選別し調達。希少な木材の確保と森林循環の活性化を両立している。

CDT01

そしてカッター部分には、ニチバンの「直線美」の刃を使用。細かい目の刃は、軽い力でまっすぐな切り口にテープを切れる。

オークヴィレッジによる巧みな木材加工と、環境デザインへの貢献、そしてニチバンの技術力が三位一体となった、Craft Design Technology らしい製品だ。カラーは、ナチュラル、ライトブラウン、ダークグレーの3色。

Craft Design Technology >> http://www.craftdesigntechnology.co.jp/

 

[関連記事]
デザイン文具の一番人気「ラミー」待望の限定カラー

使い勝手がちょうどイイ!ほぼA5サイズの大判ふせん

1つで2役!一見普通のメモ帳に隠されたもう1つ機能とは

(文/&GP編集部)