睡眠の質を向上させるアイマスク型デバイス「Neuroon」 朝寝坊や短時間の仮眠にも効果あり!?

写真拡大

快適に眠り、そしてさわやかに目覚めたい。それは誰しもが願うことです。
この睡眠の質を向上させるというアイマスク型のデバイス『Neuroon(ニューローン)』が、9月よりソフトバンクの「+Style」で販売開始されました。

『Neuroon』は、EEG+EOG センサー、パルスオキシメーター、3軸加速度計、温度センサーを装備した最新のアイマスクです。これらのセンサーで、脳波や眼球運動、心拍、体動、体温を測定し、アプリと連動して睡眠の質をデータ化し、快適な睡眠プログラムをアドバイスしてくれます。

マスク部分は、人間の顔の形にフィットするよう、形状記憶フォームを採用。安全性については、国際機関により試験されており、安全認定や日本での電波認定、人体への有害を計る適合基準もクリアしています。

専用アプリとは、bluetoothで接続。機能のひとつ「Sleep Analytics」では、平均心拍数、睡眠ステージの経過時間、目覚めた回数などから睡眠スコアを計測し、眠りの質を可視化できます。
また、「Personal Pause」では、自分の睡眠データをもとに、最適な仮眠プログラムを提案してくれます。忙しい時や疲れている時こそ、的確な仮眠をとることで、体力・気力が回復し集中力が復活しそうです。

目覚ましや、スマホのアラームをついつい止めてしまい、朝あわてる人には「Neuroon Sunrise」が効果的。あらかじめアプリで起床時間をセットしておけば、マスクの内側から光が目を刺激し、明るさを少しずつ強めて起こしてくれるという仕組み。音ではダメでも、朝日のような光でなら起きられるかも!? それでも起きられない人には、振動やアラーム音も加わり、3種類の方法で、寝続ける人を目覚めに導いてくれます。

今後は、明晰夢誘発アプリも予定されており、瞑想音声のほか、レム睡眠中に光や振動、音による刺激をNeuroonを通して行うことにより、明晰夢を誘発させていくそうです。アプリは8月リリース予定でしたが、9月現在まだ公開されていません。睡眠の快適さの追求だけでなく、明晰夢へのアプローチも始めたNeuroon、今後公開されるアプリの効果にも注目が集まっています。

価格は、税込3万4999円。現在、「+Style」で限定販売中です。
ソフトバンク「+Style(プラススタイル)」