タイ攻略に自信を見せる柏木。その左足から放つ高精度のパスでゴールを演出できるか。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 9月6日のタイ戦で先発起用が濃厚な柏木が、試合のポイントを語った。
 
「この気温で、このピッチ。相手(タイ)にとって有利な状況だと思います。サウジ戦を見たけど、タイはすごく良いサッカーをしていた。ホームだからどんどん前から来ると思うので、そのへんは難しい試合になるかなとは思いますが、しっかりボールを動かしながら相手を走らせたい。裏を狙うから足下も空いてくるし、サイドを使うから中も空いてくる。そういうことができれば、相手のバランスは崩れてくる」
 
 左股関節を痛めて出場を回避したUAE戦で、チームはまさかの黒星を喫した。その様子を見ていて、柏木は攻撃に変化が足りなかったと感じたという。
 
「中央に偏り過ぎたり、攻撃も短いパスしかなかったり、強弱がなかった。幅は全然使えてなかったかなと。みんなが悪いプレーをしていたわけではないけど、より効果的なプレーができていなかったかなという気はします」
 
 攻撃に変化をもたらすのは自分だ、そんな強い自負を感じさせる言葉に続いて、柏木は守備面についても言及した。
 
「左サイドが相手の攻撃の特徴だと思う。まずは、しっかり左SBのキャプテンの選手を抑える。良い選手なので、そこにしっかりプレッシャーいけるか。それとボールが入った時は、潰し切れるか。その2点かな。あと10番はスピードがあるので、その動き出しも注意したい。まあ、左サイドを崩されたとしても、中央しっかり守れていれば大丈夫なので。逆にボールを奪った後の左サイドの裏はすごくチャンスなので、そういうところを突いていけば、よりチャンスは広がるかなと」
 
 タイのストロングポイントである左サイドアタックを警戒しつつ、逆にカウンターでその裏を狙うことも忘れていない。敗北はもちろん、引き分けすらも許されないアウェー戦で、柏木がどんなゲームコントロールを披露するのか見ものだ。