『スペースチャンネル5 VR ウキウキ★ビューイング ショー』/画像はセガの公式Twitter(@SEGA_OFFICIAL)より

写真拡大

セガが1999年にリリースして人気を博したドリームキャスト向けの音楽ゲーム『スペースチャンネル5』のVR化が決定。

【セガの怪作『スペースチャンネル5』がVRに! ゲームショウで踊ろう!の画像・動画をすべて見る】

9月15日(木)から18日(日)にかけて、幕張メッセで開催される国内最大規模のゲームの祭典「東京ゲームショウ2016」のHTCブースにて『スペースチャンネル5 VR ウキウキ★ビューイング ショー』と題したデモ版を展示する。

『スペースチャンネル5』は、テレビ局のリポーターで主人公のうららが、人々を踊らせ、地球征服をたくらむ謎の宇宙人・モロ星人と戦い、事件を解決していくスペースポートが舞台のゲーム作品。

ミュージカル仕立ての爽快なストーリーや強烈なグラフィック、そしてマイケル・ジャクソンさん演じるキャラクター・スペースマイケルなどから、大きな反響を呼んだ。

今回のVR版は、東京ゲームショウ2016会場のVRコーナー内HTCブースにて、VRヘッドセット「HTC Vive」を利用して公開される。

うららが人々を救出するリポートショーの現場を目の前で観覧しながら、一緒に応援して楽しむことができる。複数人で同時に参加することも可能だ。