写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●アルコールとコレステロール値に要注意
いまだに年間で万単位の人を死に至らしめる脳出血。命を取り留めたとしても、体の麻痺や言語障害など、日常の生活に多大な影響が出る後遺症を残すこともある。そして何の前触れもなく発症するため、日ごろからの予防が重要となってくる。

本稿では高島平中央総合病院脳神経外科部長の福島崇夫医師の解説をもとに、脳出血の予防法と万一倒れてしまった場合の治療法を紹介する。

○塩分を控え、野菜を多く摂取

まず予防について最も効果が見込めるのは「血圧のコントロール」。実に6割の脳出血患者の原因が高血圧と言われているからだ。

「高血圧は破裂脳動脈瘤(りゅう)によるくも膜下出血や脳梗塞の原因にもなりますから、脳卒中全体の予防学の観点から考えても非常に重要です。最も注意しないといけないのは血圧のコントロールと覚えておきましょう」。

そのために大切となってくるのが食生活。血圧を過剰に上げないためには、過度の塩分摂取を控えて緑黄色野菜を日ごろから食べておく必要がある。コンビニエンスストア・スーパーマーケットの弁当や加工食品、ファストフードのメニューなどには塩分量の表示がされていない製品もある。知らず知らずのうちに思わぬ量を摂取している場合もあるので、十分に注意してもらいたい。

食事面で言えば、アルコールを控えることも血圧コントロールには有効だ。

「『脳卒中ガイドライン』にも飲酒と脳出血の関連性が明記されているため、γ(ガンマ)GTPが過度に上がるぐらいの飲酒はよくありません。1週間のうちできちんと休肝日を設け、飲酒を控えることが大事になってきます」。

○コレステロールとの因果関係

また、疫学調査でコレステロール値が低い人に脳出血の患者が多いというデータが報告されている。そのため、適度なコレステロール値を保つことも効果的な予防法となる。

実は、コレステロール値と脳出血リスクの因果関係は明らかになっていない。ただ、コレステロールは血管の壁を作るのに必要な栄養素でもあるため、あまりにもコレステロール値が低い「低栄養状態」だと、血管がもろくなって出血するのではないかと推測されている。

コレステロール値は、性別や年齢によって正常値が異なってくる。気になる人は健康診断などで得られたコレステロール値が正常値から大幅に乖離(かいり)していないかをチェックするといいだろう。

●開頭手術ができないやっかいな脳出血とは
ただ、予防にどれだけ努めていても、残念ながら発病リスクをゼロにすることはできない。万一に備え、脳出血の治療法も知っておこう。

○ほとんどの場合、まずは点滴治療

福島医師は、脳出血の治療は手術と点滴治療に大別できると話す。ただ、脳出血の原因は圧倒的に高血圧であるため、血圧を下げる薬を用いてから脳の腫れを軽くする薬を点滴するパターンが多いという。

それでも血がなかなか止まらなかったり、もしくは最初からある程度出血の量があったりする場合は開頭手術となる。例えば、最も脳出血を起こしやすい「被殻」と呼ばれる部分では、血腫の量が30ml以上になったら積極的に手術をする。最近では開頭をせずに、内視鏡で500円玉程度の大きさの穴を開けて、そこから血腫を取り除くという治療も出てきている。

しかし、複雑な機能を有した脳だけに、出血した場所によって治療方法は異なってくると福島医師は解説する。

「視床出血の場合、脳の中で特別大切な場所となるため原則として開頭手術をしませんし、予後の改善も期待できません。ただ、脳室に出血がおよんでいると、水頭症を合併することもあるため、脳脊髄液を逃すような手術をすることはあります。また、小脳の出血では3cm程度の出血でも出血部位が脳幹といういわば生命維持装置に近いため、早い段階で手術をしますね」。

一方で、脳動静脈奇形(AVM)のように動脈と静脈が複雑に絡み合うことで出血を起こすケースでは、奇形の血管を摘出して再度の出血を予防する。出血が見られない症例では、放射線治療も血管奇形の縮小効果が得られる場合もあるため、治療の選択肢に入ってくるという。

○普段の節制と迅速な受診を心がける

脳出血により生じた症状の回復過程は、その出血範囲と部位に左右される。残念ながら、完全にダメージを受けてしまった細胞は元に戻らないため、発症後の後遺症は少なからず残ってしまう。

日ごろからの食事における節制が脳出血予防には必要なこと、そして突然の頭痛やしびれなどの脳出血とおぼしき症状が出たら、一刻も早く医療機関に行くことが予後をよくするために大切だと覚えておこう。

※写真と本文は関係ありません

○記事監修: 福島崇夫(ふくしま たかお)

日本大学医学部・同大学院卒業、医学博士。日本脳神経外科学会専門医、日本癌治療学会認定医、日本脳卒中学会専門医、日本頭痛学会専門医、日本神経内視鏡学会技術認定医。大学卒業後、日本大学医学部附属板橋病院、社会保険横浜中央病院や厚生連相模原協同病院などに勤務。2014年より高島平中央総合病院の脳神経外科部長を務める。

(栗田智久)