9月の声を聞いた途端、日中は暑さが残りますが、朝晩は過ごしやすくなりますね。暑い夏の間はできなかった事にチャレンジしたくなる季節到来です。
この夏は、「シン・ゴジラ」が空前の大ヒット。久し振りに映画館に足を運んだ!という方も多いと思います。映画産業暗黒時代と言われている昨今、映画ファンには嬉しいニュースでした。秋は映画・読書・美術鑑賞などゆっくり時間をかける予定を組みたい季節。ちょっと目先を変えて大人向けの映画祭をチェックしてみませんか。


コメディ・サブカルチャー好きな方は浅草・上野へ

「したコメ」と、ファンの方々にはすっかり恒例イベントとなっている映画祭、ご存知ですか?
正式名称は、「したまちコメディ映画祭in台東」。今年で第9回目を迎えます。浅草と上野という日本屈指の映画人・喜劇人が集う場所で開催される「笑い」をテーマにした一大イベントです。総合プロデューサーは、台東区在住のいとうせいこう氏。上野地区は東京国立博物館平成館など3会場、浅草地区は浅草公会堂など2会場で開催される街を挙げてのお祭りです。
メインのコメディ映画上映の他、講義、ワークショップ、お笑いライブなど内容は盛りだくさん。吹替映画に関する講義、特殊メイクアップアーティストによる特殊メイク体験(小学生対象)、台東区内の学校(小学校から藝大まで)のブラスバンド部等が奏でる映画音楽を聴ける無料コンサートなど、大人だけでなく子供たちも楽しめるイベントも開催されます。筆者が注目しているのは、映画マニア向け雑誌・映画秘宝主催の「映画秘宝まつり」です。日本で中々人気が定着しないと言われているハリウッド等海外のコメディ映画を映画秘宝創刊者の映画評論家・町山智浩氏や水道橋博士氏などがわかりやすく解説してくれる上映会です。筆者も数年前に観覧しましたが、彼らの軽妙でわかりやすいトークですっかりコメディ映画の魅力にはまってしまいました。海外コメディ映画は各国の文化やギャグやパロディーがその国の人にしかわかりにくい…などの難点があります。しかし理解しづらいギャグやパロディーを日本のギャグやパロディーに置き換えて翻訳してくれているなど、日本人でも十分楽しめるという事がこのイベントでわかったような気がしました。
秋というと、しっとりとした気分になれる映画が思い浮かびますが、時にはコメディ映画で思いきり笑うのも良いですね。「笑い」をテーマに様々なジャンルの文化を深く掘り下げて楽しませてくれるこの映画祭、サブカルチャー好きの方にもオススメです。
期間は9月16日〜19日まで。人気イベントはチケットSold Outのものも多いようなので、事前にチェックしてからお出かけしたいですね。


明日9/7からです、あいち国際女性映画祭

その名の通り、女性をテーマにした映画祭です。国内外の、「女性」が主人公・テーマの様々なジャンルの映画が上映されます。上映作品の女性監督達も招待され、直接監督達と交流できるイベントなども。1996年から始まった「あいち国際女性映画祭」は今年で20年を迎えます。今回はドリス・デリエ監督による、東日本大震災後の福島で支援活動をするドイツ人女性・マリーと仮設住宅に住むサトミとの交流を外国人からの視点で描いた桃井かおりさん主演の話題作「フクシマ、モナムール」、17歳でノーベル平和賞を受賞したマララさんの素顔に迫るドキュメンタリー「わたしはマララ」、アカデミー賞各部門にノミネートされた事でも記憶に新しい女性同士の恋愛を描いた「キャロル」等どれも「女性」を深く描いたものばかり。テーマは「女性」に絞っていますが、どれも普遍的な、男女問わず楽しめる作品が選ばれています。秋ならではの、ちょっと考えさせられる・余韻を楽しみたい…そんな映画を観たい方にオススメの映画祭かもしれません。
期間は、9月7日〜11日まで。


小津安二郎監督作品をスクリーンで!蓼科高原映画祭

小津安二郎と、秋の蓼科高原…まさに「大人限定」の映画祭ですね。
全国各地で、過去の名作を上映する、いわゆる名画座が次々と閉館に追い込まれ、名作を大きなスクリーンで観られる機会がめっきり減ってしまいました。絶大な人気を誇る日本を代表する巨匠・小津安二郎監督作品も今ではDVDなどでしか観賞できないように。でも小津監督ゆかりの地・蓼科高原では毎年大きなスクリーンで楽しむことができます!それが「小津安二郎記念・蓼科高原映画祭」です。今年は昨年9月にお亡くなりになった原節子さんが出演する作品を中心に上映されます。晩年、小津監督が過ごした蓼科高原はファンの方にとっては聖地、周辺の小津監督ゆかりスポットも散策できそうです。今年の上映作品は原節子さん主演の「晩春」「東京暮色」、サイレントの「青春の夢いづこ」の3作品です。その他、地元ロケ作品「俳優 亀岡拓次」、熊本復興支援チャリティー上映「うつくしいひと」など邦画6本も上映されます。
期間は9月24日・25日の2日間です。
それぞれ、映画好きには魅力的なジャンルに特化した大人の映画祭といえそうです。ぜひ出かけてみませんか。