妊娠初期の流産の確率は? 6つの症状と兆候|流産予防策とは
妊娠中は誰もが、順調な赤ちゃんの成長を願うもの。でも、実際は妊娠の15%が流産に至るというデータも。できるだけ、自分で防ぐにはどうしたら? その方法をまとめました。
流産全体の80%が 妊娠12週未満
「流産」とは、妊娠22週より前に妊娠が終わること。妊娠したにもかかわらず、早い時期に赤ちゃんが死んでしまうことは、出産を待ち望む人にとっては悲しいことですが、妊娠の15%前後が流産になるという統計もあります。特に、妊娠12週未満の早い段階での流産が多く、流産全体の約80%をしめます。

最も多い原因は、赤ちゃん自体の「染色体異常」。受精の瞬間に流産が決まることがほとんどで、母親の妊娠初期の仕事や運動などが原因で流産することはほぼありません。

流産しやすい妊娠12週目までは、下記の症状に注意を払いましょう。流産の兆候とされていますが、まったく症状がない場合もあります。そして、同じ症状がでたとしても、すぐ流産の危険性があるわけではありません。わずかな違いですが、症状に差がありますので、ご紹介します。

・不正出血
妊娠初期には正常妊娠でも少量の出血や腹痛を感じることがあります。流産の場合も出血がありますが、それだけでは医療機関も対処法がなく、緊急外来を受診する必要はありません。出血にともない、つらい腹痛がある場合は子宮外妊娠の場合がありますので、救急外来を受診してください。

・腹痛
流産や子宮外妊娠の可能性が高いので、すぐに婦人科を受診しましょう。出血がなく腹痛だけの場合は、切迫流産の可能性が。また、進行流産に移行する可能性も十分にあります。

・腰痛
流産がおこると、体は子宮の内容物を排出しようとします。それにともない腰痛が起こることがあります。この場合は通常2週間ほどで治ることが多いようですが、3カ月ほど続く人も。腰痛のほかに、腹痛や足のしびれなどがある場合には、子宮ら卵巣に炎症が起こっている場合があるので、はやめに産婦人科を受診しましょう。

・お腹が張る
急速に子宮が成長する妊娠初期に、下腹部に違和感や重さを感じることがあります。心配のない場合がほとんどですが、切迫流産や早産の兆候である可能性も。お腹の張りに加え、出血があれば、産婦人科に相談をしてください。

・急につわりがなくなる
妊娠12週頃までつわりが続く場合が多いですが、流産になると急に症状がなくなります。特に8〜10週頃がつわりのピークといわれているので、この頃に急になくなった場合は流産を疑い、すぐ産婦人科を受診しましょう。

・基礎体温が下がる
妊娠すると3週間以上の高温期が続きます。そして、この基礎体温が急に低温になりだしたら、妊娠中に分泌されるホルモンが減少しているということ。流産の可能性がありますので、産婦人科で診察を受けてください。
流産を予防するために 自分でできること
前述したように、流産は母体が原因ではなく、染色体異常が原因。それでも、できるだけ流産しないように、妊娠中にできることに、「冷え対策」があります。冷えて血行が悪くなって子宮内膜の機能が低下すると、胎盤がうまく作られないことが多く、おなかの赤ちゃんの成長の妨げに。日頃から腰回りを冷やさないように工夫をしましょう。

●衣類
・ストールやカーディガンを持参する
・レギンスやタイツをはく
・腰回りにシャツを巻く
・腹巻をする
・靴下を重ね履きする

・使い捨てカイロを冷えやすいところにあてる

●食事

・なるべく温かい飲み物をとる

・生姜をとる

・根菜類などをとって体を温める

●生活習慣

・入浴後は髪をすぐ乾かす
・適度なウォーキング
・ストレッチ
・入浴できない時は足湯をする

また、赤ちゃんの細胞形成を助けてくれる葉酸や、母体の血行を促進して、赤ちゃんへの栄養を送りやすくするビタミンEのサプリメントを活用するのも手です。気にしすぎるとストレスになりますので、できる範囲で行いましょう。