子どもの“嘘”を見抜く5つのポイント&してはいけない親のNG対応

写真拡大

『5歳からでも間に合う お金をかけずにわが子をバイリンガルにする方法』の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱する平川裕貴です。

「怒鳴らないと言うことを聞かない子」になるのは何故? しつけを始めるタイミングとコツ

今回は、嘘の見抜き方と子どもが嘘をついた時に取ってはいけない親のNGな対応についてお話しします。

嘘の見抜き方

嘘を見抜くのはとてもむずかしいことですが、嘘を言っているのか本当のことを言っているのかわからない時、子どもの嘘を見抜くいくつかのサインがあります。

目をそらす

嘘をついている時には目をそらす。(普段子どもと目を見てお話をしているような親子関係の場合)

身体が横を向いていたり、そわそわする

面と向かっていても、身体や足が別方向を向く。早く逃げ出したいと言う気持ちから、身体をまっすぐ親に向けない。

服や髪の毛をいじったりする

嘘がバレるかもとか叱られるかもという緊張から、何かを触って緊張を和らげようとする。

関係のない話をしだす

親が聞いていることと全然関係のない話でごまかそうとする。

黙りこんだり、「忘れた」「わからない」を繰り返す

嘘をついていなければはっきり否定できるのに、それをしない。

このようなサインや親の勘などから、明らかに嘘をついていると確信した時、親はどのように対処すればいいでしょうか?

子どもが嘘をついた時のNG対応

「どうして嘘をついたの?」「なぜ嘘をついたの?」と矢継ぎ早に質問する

親としては嘘をついた理由が知りたいと言うのはよくわかりますが、子どもはまだ自分の考えをうまくまとめて話すことができません。せかされるとますますうまく話せなくなります。じっくり話を聞きましょう。

強い口調で攻め立てる

例えば物を壊してしまったなど、やってしまったことで、すでに叱られると恐れています。そこへさらに強い口調で責められると、ますます不安になって口を閉ざしてしまいます。

子どもの言い分を全く聞かず、事実関係を確かめない

子どもはまだ倫理観などが育っていません。ですから言ってみれば、自分の身を守るために嘘をついているのです。嘘をついたのには、子どもなりの理由があるはずです。

例えば、友達のものを「自分のものだ!」と言い張ったのは、「友達が先に自分のものを盗ったから」という理由があるのかもしれません。

まず、子どもの言い分も聞いてあげましょう。

子どもが正直に打ち明けた時に厳しく叱る

親は、子どもが嘘をついたことを厳しく叱らなければと思いがちですが、実は逆効果の場合も多いのです。

最近の研究では、厳しい親の子どもほど、親からの叱責を逃れるために嘘をつき、しかも嘘がだんだん上手になっていくというものや、規律の厳しい学校の生徒とおおらかな学校の生徒に対しての実験では、厳格な学校の生徒は非常に素早く上手に嘘をついたという結果が出ています。

厳しくされればされるほど、叱責から逃れるために嘘が上手になるという皮肉な結果です。

嘘を責めるより、正直に告白したことを褒めよう

人間は必ず嘘をつきます。

嘘をついたけどバレなかった、嘘をついたら叱られなかった、嘘をついたら褒めてもらえた、嘘をついたらご褒美をもらえたなどという経験は、子どもにとって決してプラスにはなりません。

子どもが嘘をついた時に大切なことは、「嘘をついてはいけない」と教えることです。

逆に言えば、嘘をついた時が、「嘘をついてはいけない」という大事なことを教えるチャンスなのです。

嘘つきは本当のことを言っても信じてもらえなくなります。

子どもには、「あなたが物を壊したことより、嘘をつかれることのほうが悲しい」とか「人のものを盗ったのはよくないけど、正直に話してくれて嬉しい」などと言ってあげるといいでしょう。

嘘をつかないことと同時に、正直に話すことも大切なのだと教えてくださいね。