チェコを訪れるなら絶対に行くべき!「世界でもっとも美しい街」と称される世界遺産の街、チェスキークルムロフ。

小さな街ですが、高台にあるチェスキークルムロフ城までのぼったり、石畳の坂道を歩いたりと、街歩きには意外と体力を使います。

チェスキークルムロフで歩き疲れたとき、ひとやすみにぴったりのお店をご紹介しましょう。

それが、チェスキークルムロフ城の足元にある「MLS Creperie(MLSクレープリー)」。

世界的な旅行口コミサイト、「TripAdvisor (トリップアドバイザー)」で、チェスキークルムロフのデザート部門で1位の評価を獲得している人気店です。

店先ではテイクアウト用のクレープを焼いていて、ついつい吸い寄せられてしまいます。

明るく開放的な雰囲気で、気軽に入りやすい店構えが嬉しいですね。

もちろん、一人でも大丈夫です。一人なら他のお客さんの目を気にせずくつろげる、こんな席がぴったり。

チョコレートやジャム、フルーツなどを使ったデザートクレープの他に、トマトやほうれん草、ハムやチーズを使った食事系のクレープもあるので、おやつだけでなく軽めのランチにも使えます。

今回はラズベリーとサワークリームのクレープ、そして自家製レモネードを注文。

クレープを焼いているあいだ、先にレモネードが運ばれてきました。クレープは注文を受けてから、オープンキッチンで一枚一枚焼いてくれます。

写真では伝わりにくいですが、驚いたのがこの大きさ!ビールジョッキのような器にたっぷりと入っています。

自家製のレモネードは甘さを抑えたすっきりとした自然な味わいで、思わず「おいしい!」とつぶやいてしまうほど。夏のチェスキークルムロフ観光で渇いた喉と体をたっぷり潤してくれます。

さて、いよいよクレープが運ばれてきました。思った以上のボリュームです。

日本でおなじみのクレープとは違うのがその形。薄く焼いた生地でジャムなどを包んだ「パラチンキ」と呼ばれるチェコ版クレープで、チェコでは定番のおやつなのだとか。

一見とても甘そうですが、素材の味を生かしてジャム状にしたラズベリーと、甘さのないサワークリームという組み合わせなので、実はあまり甘くありません。もちもちのクレープとあたたかいラズベリーの組み合わせに心も満たされます。

生地の中にはラズベリーがたっぷり。甘さを抑えた上品なデザートクレープなので、「甘いものは好きだけれど、甘すぎるのは苦手」という方にも好まれるはずです。

「甘いものが大好き!」という甘党の方には、チョコレートやキャラメルを使ったクレープがおすすめです。


店内では、チェコの伝統菓子「トゥルデルニーク」も焼いていました。こちらはテイクアウトが大人気で、お店の前には行列ができています。

トゥルデルニークにも興味を惹かれてしまいますが、さすがにクレープを食べた後には…

チェスキークルムロフに宿泊される方はぜひ両方試してみてはいかがでしょうか。絵本の世界のような美しい街で味わうおいしいスイーツで、身も心も満たされてくださね。

<お店の情報>
MLS Creperie(MLSクレープリー)
住所:Latran 12, Cesky Krumlov 381 01, Czech Republic
https://www.tripadvisor.co.uk/Restaurant_Review-g274688-d4611187-Reviews-MLS_Creperie-Cesky_Krumlov_South_Bohemian_Region_Bohemia.html(トリップアドバイザー)

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア