画像

写真拡大

 モバイルファースト」が当たり前になった今、UIは重要な意味を持つ。このような状況で「BMW」や「ヴィクトリアシークレット」など各業界のリーディングカンパニーが活用を始めた新プラットフォームが「WRAP」だ。日本でも本格展開を開始した「WRAP」の特徴を、電通ダイレクトフォースの小川貴史氏が、ドリームインキュベータの中澤剛太氏・中野裕士氏に聞いた。

■世界有数の企業・VCが投資する「WRAP」の可能性とは

 あらゆるWebサービスで「モバイルファースト」は当然のものとなった。しかしモバイルユーザーの一回当たりの平均モバイル利用時間は十数秒というデータも示す通り、モバイルユーザーは“忙しい“。その中で十分な情報を伝達し、消費者とのエンゲージメントを深めることは至難の業だ。

 そこで注目されているのが、あらゆるモバイルコミュニケーションに最適なUI実装を可能にする「WRAP」だ。開発元のWrap Media, LLCは世界有数の企業・VCなどからこれまで$27.7millionの資金調達に成功しており、満を持して日本でも展開を開始した。

 ※下の画像をタップするとコンテンツに遷移します。ぜひスマートフォンでご覧ください。
BMWの活用例(詳しくは後述)

 その戦略的パートナーとして、スタートアップ投資も行う日系戦略コンサルティングファームであるドリームインキュベータが参画し、$4millionの追加投資を行っている。今回、その背景と日本市場における期待について、Wrapのエージェンシーとしての参画を決定している電通ダイレクトフォースの小川貴史氏が、ドリームインキュベータ マネジャーの中澤剛太氏、同社ビジネスプロデューサーの中野裕士氏に尋ねた。

■競合はApple、目指すはモバイルUIのスタンダード

小川:ドリームインキュベータがWrap Media, LLCへの追加投資および戦略的パートナーシップの締結を行ったというニュースは国内外でも注目を集めました。様々なスタートアップに投資している御社が期待を寄せるのは、どのような理由からなのでしょうか。
左から株式会社ドリームインキュベータ マネジャー 中澤剛太氏、同社ビジネスプロデューサー 中野裕士氏
株式会社電通ダイレクトフォース 新規事業開発ユニットリーダー 小川貴史氏

中澤:ドリームインキュベータは、将来の人々の生活を大きく変える業界や事業に対して投資を行い社会の変革・進化を促進することを役割と認識しています。そんな我々にとって「モバイルコミュニケーション」は大いに期待すべき領域です。あらゆるコミュニケーションがモバイルにシフトしつつある中で、その難易度の高さに多くのプレイヤーが苦しんでいる。そこをブレイクスルーするところに大きな価値が生まれると考えています。

 ブレイクスルーの1つ目のカギとなるのが「パーソナライゼーション」です。モバイルユーザーには、ユーザーの特性や場所、時間などに応じて、「自分事」を届ける必要がある。「非自分事」だとユーザーは瞬間的にコンテンツを離れる。5年後、ほぼすべてのコミュニケーションがパーソナライズ化されるでしょう。その潮流の一つがカンバセ―ショナルコマース等のチャットコミュニケーションであり、世界中の投資資金がチャットボットに流れているのもそれ故です。

 そしてもう1つは「ユーザーインタフェイス(UI)」です。PCでは数分の「余裕」を見せるユーザーが、モバイルになると数十秒しかくれない。「見やすく、わかりやすいこと」がより重要になったことは自明です。個人的には可能性は低いと思いますが、仮にスマートウォッチがモバイルに変わる時代が来たとしたら、消費者がくれる猶予は数秒程度になるでしょう。

 Wrapはモバイル最適なUIを簡単に実装できるCMSであるとともに、WRAP APIを提供することで、大量生成されるパーソナライズ化されたコンテンツに、最適なUIを自動的に提供する。パーソナライゼーションとUIの両方を満たすものとしてWRAPにブレイクスルーの可能性を見ているのです。

小川:実際に多くの企業様とコミュニケーションしているエージェンシーの立場としても、その2つの課題については実感があります。しかし、実装するとなれば複雑なシステムが必要になり、コストや管理負荷を鑑みると気軽に手が出せるものではありませんでした。

中野:最適なUIを「誰もが簡単に使える」という点がWRAPの強みです。WRAPのAPIを利用すれば、CRM等と連携してパーソナライズ化されたコンテンツを、最高のUIで自動的にユーザーに送ることができます。小川さんが指摘する通り、最適なUIの構築、パーソナライズ化への対応は、大きなコストや技術的難しさを伴います。現状、そこに注力できているのは、多くの資金的余裕と技術者を持つ一握りの大企業に限られます。それを、APIを通じて皆が実装できるようにするものがWRAPなのです。

 通常、モバイル対応のサイトでは縦スクロールが基本です。しかし、WRAPであればスクロール、スワイプなどが可能で、コンテンツをアプリ感覚で閲覧できるというわけです。当然、1つ作成すればデバイスやブラウザ対応も自動的に行われます。これらをコーディング不要で容易に制作できるのがWRAPですが、UIだけではありません。決裁システムやチャット機能、動画・音楽、スケジュール同期等の様々な機能がドラッグ&ドロップだけで実装可能になります。コンテンツ製作コストや期間は従来から大幅に削減され、アプリ制作と比較しても数分の一以下となると思います。

 WRAP自体はHTMLでできたウェブページなので、広告プラットフォームでの配信や、アプリ内コンテンツとしても利用可能です。ボットの情報提供UIとしても面白い使い方ができるでしょう。

小川:ユニークな使い方が想像できて、ワクワクしますね。そもそもWrap Media, LLCというのはどのような会社なのでしょうか。

中澤:Wrap Media, LLC は2013年にサンフランシスコで設立された会社です。数学者や天文学者、中にはNASAから転職してきたエンジニアなど、いわゆる“異能集団”。それら「異能」を、シリアルアントレプレナー(過去に1000億円規模の企業を2度IPOした経験を持つ起業家)であるCEOが牽引する稀有なスタートアップです。それら世界の頭脳が集まって、モバイルに特化した最適なUIを2年以上追求し続け、多数の特許で技術を固め、ようやくサービス化したものが「WRAP」なのです。

 実はCEOのエリック・グリンバーグ氏に会った時に「競合は誰だ」と聞いたところ、Appleだというんですね。現在モバイルのインタフェイスの主流となるアプリを押さえているのはAppleです。しかし今は、皆がAppleのルールに縛られた、ある種「非民主的」世界です。彼は「プラットフォーマーに縛られた世界ではなく、オープンなWebの世界にイノベーションを起こすことで、モバイル世界を『民主化』したい」と語ってくれたんです。

 そのビジョンとテクノロジー、そしてCEOの人間性に共鳴し、投資および戦略的パートナーシップ締結へと至ったわけです。

●「スマホ時代のコミュニケーションを経営課題として考える」
解決のヒントを紹介する無料セミナー開催!

 スマートフォンならではのコミュニケーションの確立や、新たな体験価値の創出などのイノベーションを 起こす為のヒントとは? 本記事に登場したドリームインキュベータと電通ダイレクトフォース、 およびGunosyが語ります。ぜひ、ご参加ください! こちらからお申し込みできます。
【セミナー概要】
日時:2016年10月6日(木)15:00〜17:30(開場14:30)
場所:東京都品川区西五反田2-21-1 STANDARD会議室五反田ソニー通り店 4階
対象者:事業会社(広告主)の経営者及びマーケティング、デジタルマーケティング責任者やご担当者
※広告会社等、事業会社以外の企業の方のお申込みは原則抽選
お申し込みはこちら

MarkeZine編集部[編]、伊藤真美[著]、高山 透[写]