写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本は「夏は暑くて冬は寒い」などのように、四季がはっきりと感じられる気候だ。ただ、もちろん日本以外の国にも季節の移り変わりはある。では、外国の四季は日本とどのように違い、そして外国から来た人は日本の四季をどのように感じているだろうのか。

今回は、日本在住の外国人20人に「日本の気候」について聞いてみたので、その回答を紹介しよう。

Q.夏は暑くて冬は寒いという四季がはっきりとしている日本の気候についてどう思いますか。特に暑さという点を母国と比較してお答えください

■夏は暑さよりも湿気がつらい
・「とてもいいと思いますが、暑さだけは今まで暮らした国よりも何倍も暑く感じます。体感で言えば、海外の32度は日本の26度程度に感じます。一方、日本での30度は海外の37度〜39度に感じます。数秒でも腕を日光の下に出すと肌が痛い」(ブラジル/20代後半/男性)
・「イタリアも四季はありますが、夏は確かに一番違いがある季節です。梅雨や台風のある日本の方が、湿気もあってつらい時があります」(イタリア/30代前半/男性)
・「夏の気温は、母国の方が高いです。ただし、湿度では日本に"負けている"ので、夏の場合は母国の方が過ごしやすいと思います」(ウクライナ/30代前半/男性)
・「四季の美しさは好きですが、個人的に春や秋が好きです。日本は冬の寒さと乾燥がつらいです。夏は湿気があるので、それはそれでつらいです」(タイ/30代前半/男性)
・「観光には適しているが、過ごすには大変です。母国の方が暑いのですが、日本はじめじめして過ごしにくいです」(インド/40代前半/男性)
・「日本はほぼ熱帯の夏だと感じます。蒸し暑さと梅雨はとても嫌ですが、日本の春と秋はとても過ごしやすいです」(フランス/30代前半/男性)
・「日本の夏はルーマニアの夏と比べるとそんなに暑くないですが、湿度が非常に高いので過ごしにくいです。ルーマニアの夏は40度を超える時が結構ありますが(特に8月あたり)、湿気が少ないので日本よりは快適です」(ルーマニア/30代前半/女性)
・「昔、日本の夏は絶対に台湾より涼しいだろうと思っていたが、日本に来てからはまったくそう思わなくなった。ほとんど一緒で、京都ならもっと蒸し暑い日もある」(台湾/20代後半/女性)
・「ハンガリーも四季があるので、特に日本の四季について考えることはありませんが、暑さというか、湿気が夏になると大変ですね。ハンガリーには湿気がないので」(ハンガリー/30代前半/女性)
・「四季を楽しめるのは良いと思う。夏は母国の方が気温は高いけど、湿度が低いので過ごしやすい」(パラグアイ/30代前半/女性)

■母国も同じような気候
・「母国も四季がはっきりしていますので、日本も母国も夏がとても暑くて、冬がとても寒いことが当たり前のことだと思います」(スペイン/30代前半/女性)
・「韓国も日本のように暑いので、暑さはわりと耐えられる。湿気が耐えられないという人たちもいるが、個人的にそこまでではなかった。エアコンもあるし、十分耐えられる。冬は韓国よりはずっと暖かく、暮らしやすかった」(韓国/20代前半/男性)
・「(四季がはっきりとしている日本の気候は)良いと思う。(夏の暑さは)母国と同じです」(ベトナム/20代後半/男性)

■母国との違いを実感
・「日本は季節・気候の変化があるからいいと思います。例えば、今日は暑くても明日が涼しいとか。アリゾナだと、夏が長く毎日晴れているので、いやになります。雨が降るとみんな喜ぶぐらいです」(アメリカ/30代前半/女性)
・「夏は暑くて冬は寒い四季がはっきりとした日本の気候は、衣類の入れ替えだけが面倒です。それ以外は、四季がはっきりとしている国が好きです。夏の暑さに関しては、中国と変わらないと思う」(中国/30代中盤/男性)
・「大変ですが、季節に合わせて工夫をしなければいけないのが面白いです。母国では暑いときに扇風機かエアコンをつけるくらいです」(インドネシア/40代前半/女性)

■その他
・「母国は気温の差がもっとはっきりしている。しかし、日本の建物が気温の変化に妥当ではないと思う」(ロシア/20代中盤/女性)
・「母国の夏の暑さは日本の夏と同じぐらいだけれども、暑い日が続く期間は短いです。冬は結構寒くて、マイナス30度から40度までになる所もあります」(モンゴル/30代前半/男性)
・「日本の夏は、香港と比べて紫外線が強くて乾燥しています。香港は気温も高いのですが湿度も高いので、より一層暑く感じられます」(香港/20代後半/女性)
・「日本の四季はきれいだと思います。しかし、夏はわが国と比べると意外と暑い。それは色んな機械や設備の発熱のせいではないかな」(フィリピン/40代前半/女性)

■総評
今回のアンケートでは、日本の四季を良いと感じる一方で、夏の蒸し暑さを訴えている外国人は20人中10人であった。中には、母国の気温は日本より高くなるけれども、日本ほど湿度は高くないので、日本の夏の方が過ごしにくいというコメントも見受けられた。

特に今年の夏は猛暑とされており、台風もあったために一層ムシムシ・ジメジメとした暑さを体感したのかもしれない。世界的に見ても日本の夏は過ごしにくい気候のようだ。

※写真と本文は関係ありません

調査時期: 2016年7月16日〜2016年8月15日
調査対象: 日本在住の外国人
調査数: 20名
調査方法: インターネット応募式アンケート

(木下健児)