国境を越えるには「領域」を越えねばならない:クリエイターが海外で戦うための「ハックの技法」#CHA2016

写真拡大

現在『WIRED』日本版は、主催する「CREATIVE HACK AWARD 2016」に関連したオープンセミナーを定期的に行っている。3回目となる今回は、笠島久嗣、宇田英男、塩田周三の3人のクリエイターが登壇。産業構造や人材育成など、さまざまな視点によって紐解かれる、CG・アニメ業界の未来とは。

「国境を越えるには「領域」を越えねばならない:クリエイターが海外で戦うための「ハックの技法」#CHA2016」の写真・リンク付きの記事はこちら

『WIRED』日本版が主催する、次世代クリエイターのためのアワード「CREATIVE HACK AWARD」(CHA)。現在作品を募集中のこのアワードにあわせ、『WIRED』ではさまざまなゲストに「ハックの技法」を訊くオープンセミナーを都内で複数回開催している。

8月31日に開かれた第3回目のオープンセミナーでは本アワード審査員でもある笠島久嗣(イアリンジャパン取締役)と、宇田英男(スタジオコロリド取締役/ファウンダー)、塩田周三(ポリゴン・ピクチュアズCEO)の3名を迎え、CG・アニメ業界の未来と「ハックの技法」について語ってもらった。

INFORMATION

作品の応募受付、開始! 受賞者には豪華な賞品も

2013年から『WIRED』日本版が開催しているアワード「CREATIVE HACK AWARD」。受賞者のなかから、クリエイティヴシーンで活躍する逸材も生まれている本アワードが、今年も作品の募集を開始。「日常をハックせよ!」をテーマに、あらゆる領域における「新たなクリエイティヴ」を受け付けています(応募締め切りは16年9月30日)。好評を博している「オープンセミナー」は、第4回が9月に開催予定(イヴェントの詳細)。

グローバル市場で信頼を得る難しさ

イアリンジャパンはチェコの映像制作会社eallinのアジア拠点として誕生した。eallinでの勤務を経てイアリンジャパンの取締役となった笠島久嗣は、海外進出にチャレンジしていく中で、日本のコンテンツを海外へ展開することの難しさを痛感しているという。

「チェコの小さな制作会社だったeallinがどうやってイギリスまでたどり着いたのかというと、実はまずインドへアプローチしていたんです。インドで徐々に実績を積み上げて、イギリスとのコネクションをもつ人物と仲良くなったことでようやくイギリスのマーケットに入り込むことができた。単にいい作品をつくっているだけではダメで、キーマンとのパイプがないと仕事には繋がらないんです。だから今日は、第一線を走られているポリゴン・ピクチュアズがどうやって海外市場にたどり着いたのかについて、塩田さんから直接お訊きしたいんです」(笠島)

東京にスタジオを構えるイアリンジャパンだが、グループのシナジーや笠島の綿密なリクルーティングもあって、クライアントも制作スタッフもグローバルなことが、ほかの映像会社とは異なる強みとなっている。

ポリゴン・ピクチュアズの塩田周三は、2003年から同社のCEOを務めている。10年以上業界の第一線を走り、グローバル市場での信頼を勝ち得てきた経緯を、塩田はこう語った。

「海外のクライアントは歴史を重視するし、クオリティや制作環境のチェックも厳しい。ぼくが映像業界に入った1997年はちょうど業界がバブルを迎えていて、そこでソフト・ハード両面を整備できたのが大きかったと思います。当時立ち上げたプロジェクト自体はうまくいかなかったんですが、そのときつくったインフラや並行して制作していたコンテンツがあったおかげで、海外からの信頼を徐々に勝ち得たんです」(塩田)

「サラッと塩田さんは仰っていますが、ソフトとハードを万全の状態にするのは本当に大変なこと。その上でコネクションも必要になるわけで、やはり海外進出は非常に難しいことなんだと再認識させられました」(笠島)

2017年に劇場公開を控える『BLAME!』は、『シドニアの騎士』でポリゴン・ピクチュアズが良好な関係を築いた原作者・弐瓶勉の代表作。一つひとつの仕事のクオリティが、次なる仕事を呼び込んでいる。

異業種からもち込まれたノウハウ

スタジオコロリドの宇田英男は、もともと大手電機メーカーにいたことで知られているが、塩田もかつては製鉄業に従事していた。全くの別業界から映像業界に参入したふたりには、もともと映像業界にいなかったからこそみえたものがあるという。

「以前はメーカーで経営企画を担当していました。当時は仕事上数字を細かくみていたのですが、映像業界に来てみたら数字の管理に関してはまだまだやれることがあると感じましたし、システムには改善の余地があった。ただ、アニメはCGと違って歴史も長いので、簡単には新しいシステムを受け入れてはくれません。少しずつ現場の人たちと話し合いながら、効率化できる部分の効率化を進めています」(宇田)

手描きのタッチとデジタル作画による効率の追求…。日本のアニメが今後世界と対峙し、生き残っていくためのひとつの道筋を、率先して切り拓いているのがスタジオコロリドだ。

「製鉄会社で働いているときに、システムで事業を効率化する手法を身につけたんです。製鉄所の人々のことを本当にクリエイティヴだと思っていたけれど、同じことはCGの制作にも適用できるはずだと確信していましたね。幸い、ぼくが業界に入ったときはまだレガシーがなかったので、みんなで試行錯誤しながら効率化にチャレンジすることができた。その結果きちんと効率が上がって成功体験がスタッフに共有されたので、そのままシステムを更新しつづけることができました」(塩田)

ポリゴン・ピクチュアズCEOの塩田周三。この日は、同社が世界と渡り合うスタジオへとステップアップしていくまでの過程を詳細に解説してくれた。

クリエイティヴィティを高めるための組織づくり

制作環境のシステム化が進むことで、求められる人材も変化する。映像業界に限らず、より包括的に現場を捉えられる人材が必要になってきたといわれているが、そんななか、どのように組織をつくっていけばよいのだろうか。

「アニメ業界はまだ紙が主流です。だからかなり分業化が進んでいるし、職人気質の人も多い状態です。ただ、そのままだと若い人が出てきづらいので、CMなどの少人数でつくれる仕事を増やしていきたいと思っています。若い人を中心にしたフローはできつつあるので、そこにヴェテランの人も巻き込んでデジタル化を進めていきたいですね」(宇田)

「弊社ではプロデューサーとアーティストをチームにして、柔軟に対応できる組織をつくっています。本当は数字もクリエイティヴもわかるプロデューサーが理想的なのですが、いまの日本は個人のクリエイティヴを重視しているのでチームでの制作経験が少なく、なかなかそういう人材は育ちづらい気がしています」(塩田)

「CMのディレクターに関しても、ディレクション能力と海外との交渉能力を両立させる難しさは感じます。海外出身のディレクターを採用したり、逆に日本のスタッフを本社と仕事させることで改善しようと思ってはいますが、まだ課題は多い状況です」(笠島)

他方で、従来の職人的なクリエイティヴィティにも価値があるのは確かだ。宇田はクリエイティヴィティとマネジメントの関係についてこう語っている。

「最終的には職人的なところにクリエイティヴィティが宿ると思っています。ぼくは死ぬ気で働いたときに出てくるといわれている『アニメの神様』が「見えない」と非難されたりするのですが(笑)、365日死ぬ気で働くことはできません。効率化できる部分はできるだけ効率化して、ここぞというときに力を発揮してもらえるようにしたい。そういう場をつくることがクリエイティヴィティに繋がると信じています」(宇田)

新しい表現は外部からやってくる

セミナー後の質疑応答ではリアルタイムレンダリングやVRなど、近年注目されているテクノロジーにも話が及んだ。テクノロジーとの付き合い方に関して塩田はこう語る。

「テクノロジーそのものには関心がありますが、クオリティやコストを考えるとまだ導入できるレヴェルではありません。ただ、テクノロジーに合わせて時代は確実に変わっていくので、ぼくらの仕事と徐々に親和性を高めていけるよう、いまは基礎研究を進めています。また、テクノロジーに関しては、ぼくらより大学の研究機関の方が遥かに開発が進んでいる状態です。彼らはコンテンツの観点からテクノロジーを見ていないので、そこをぼくらが上手く繋いであげることで、もっと面白いことができるようになるんじゃないかと思っています」(塩田)

新しい映像表現は、必ずしも映像業界の中から生まれるとは限らない。異業種から来た彼らが業界のルールを変えたように、領域を横断して新しい技術や概念を取り入れることが「ハックの技法」なのかもしれない。

INFORMATION

作品の応募受付、開始! 受賞者には豪華な賞品も

2013年から『WIRED』日本版が開催しているアワード「CREATIVE HACK AWARD」。受賞者のなかから、クリエイティヴシーンで活躍する逸材も生まれている本アワードが、今年も作品の募集を開始。「日常をハックせよ!」をテーマに、あらゆる領域における「新たなクリエイティヴ」を受け付けています(応募締め切りは16年9月30日)。好評を博している「オープンセミナー」は、第4回が9月に開催予定(イヴェントの詳細)。

笠島久嗣|HISATSUGU KASAJIMAイアリンジャパン取締役。第1回TBS Digicon6 最優秀賞受賞。同年、東京工芸大学デザイン学科卒業後、2001年からTBS-CG部に6年間勤務。主にヴァラエティ、ニュース、スポーツを中心に、TVグラフィックのディレクションと制作を担当。退社後07年に渡欧し、チェコの映像プロダクションEallinに勤務。チェコ国内外に向けて、CM、MV、TVグラフィックを制作。10年に帰国後、イアリンジャパンを設立。eallin.jp

宇田英男|HIDEO UDA1978年生まれ。スタジオコロリド取締役/ファウンダー。大学卒業後、大手電機メーカーに就職し経営企画部門に従事。その後アニメーション制作会社のゴンゾ、カラーにて制作現場の管理に携わり、2011年にスタジオコロリドを起業。自らが長く管理部門にいた経験から「アニメに関わる人が安心して働き続けることができる場をつくる」という企業理念を掲げ、アニメーション制作現場における環境の向上を目標に企業活動を行う。colorido.co.jp

塩田周三|SHUZO JOHN SHIOTA上智大学法学部国際関係法学科卒業。1991年、新日本製鐡株式會社入社。97年、ドリーム・ピクチュアズ・スタジオ立ち上げに参画後、99年ポリゴン・ピクチュアズ入社。2003年に代表取締役に就任し、海外マーケット開拓に注力。TVシリーズ制作や海外市場をターゲットにしたコンテンツ企画開発を実現する。一方で、Prix Ars Electronica(オーストリア)、SIGGRAPH(米)などの国内外映像祭の審査員を歴任し、2008年には、米国アニメーション専門誌 Animation Magazineが選ぶ「25Toon Titans of Asia(アジア・アニメーション業界の25傑)」の1人に選定された。米国育ち、趣味はバンド活動。ppi.co.jp

RELATED