日産自動車が8月24日、国産車で初となる運転支援機能「プロパイロット」を搭載した5代目「セレナ」を発売しました。

1

高速道路における渋滞走行時や長時間の巡航走行において、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作の全てを自動的に制御するもので、政府が策定した自動運転技術ロードマップによると「レベル2(準自動走行システム)」に相当します。

「レベル2」では、システムはあくまで「ドライバーの補助」としての位置付けで、アクセル・ブレーキ・ステアリング操作のうち、複数の操作をクルマが自動で行うものを指します。

欧米では既にテスラやメルセデス・ベンツが実用化しており、トヨタ、ホンダも2020年には「レベル2」の車両を市販する予定になっているようです。

そうした中、政府(国土交通省)は今年5月24日、官民からなる連携組織「自動運転基準化研究所」を設立しました。

国交省をはじめ、経産省、日本自動車工業会、日本自動車部品工業会、自動車技術会、JASICなどが参画しており、政府としては日本の技術を背景とする国際基準を「世界標準」とすることで、国際競争力を高めたい考え。

自動運転は、自動ブレーキなどの「レベル1」から人が運転に関与しない「レベル4」まで、難易度に応じて4段階に分類されています。

今回、国交省が策定する基準は、「レベル2」に対応するもの。

新聞報道などによると、国連の専門家会議で2018年にも基準が確定する見通しの中、国交省は「日本案」をベースに国連の議論を主導したい考えのようで、2017年度予算の概算要求において、自動運転関連で3億4,100万円を要求するそうです。

政府は2020年を目処に、高速道路上での車線変更や追い越しを伴う自動運転「レベル2」を実用化させる方針。

人的要因が大半とされる交通事故撲滅に向け、日本が得意とする技術力を活かし、「自動運転」の国際基準作りで世界をリードしたい考えのようです。

(Avanti Yasunori・画像:総務省、日産自動車)

【関連記事】

シンガポールで自動運転タクシーが試験運行開始!
http://clicccar.com/2016/08/31/395894/

日産が新型セレナで実現した自動運転「レベル2」って何?
http://clicccar.com/2016/08/27/395565/

新型Eクラス「ドライブパイロット」は車線無しでもステアリング・アシスト可能!
http://clicccar.com/2016/08/25/394859/

米・フォードCEOが2021年「完全自動運転」実現を宣言!
http://clicccar.com/2016/08/19/393375/

新型・セレナは「プロパイロット」搭載でドライブがココまで変わる!
http://clicccar.com/2016/08/14/392611/

「自動運転」の国際基準作りで政府が国連会議を主導か?(http://clicccar.com/2016/09/06/397570/)