東京・足立区、北千住。

古くから奥州街道や水戸街道の始点として、宿場町として栄えたこの町は、今も昔も多くの人々で賑わっている、東京の下町の1つ。

そんな東京が誇る下町の中に、燦然(さんぜん)と輝く吞ん兵衛に愛される銘店がある事をご存知だろうか?

それが今回ご紹介する「割烹くずし 徳多和良 (とくだわら)」だ。

・割烹くずしとは?
こちらのお店、「割烹くずし」と銘打つこちらのお店「割烹くずし 徳多和良 (とくだわら)」。

立ち飲みスタイルで1時間制という時間制限の中で、様々なアラカルトからツマミを選び、酒を味わうのが、こちらのお店のスタイルだ。

他になかなか類を見ない「割烹くずし」というスタイルは、今後の居酒屋の新しい時代を予感させる、そんな雰囲気すら味わえるお店なのだ。

・どれもスーパー激安プライス
まず驚くのが飲み物。

その生ビールでもエビスやレーベンブロイが300円(税別)、という破格のスーパープライス。

その他のドリンクのメニューも300円から用意されている。

もちろん食べ物のメニューも同じ。

当日の仕入れによってメニューは異なるとのことだが、300円のメニューから400円、500円、600円と、お手軽な価格で素晴らしい素材のツマミがそろう。

・心のおもむくままにオーダーする、それが「割烹くずし 徳多和良 (とくだわら)」の楽しみ方
とはいえ割烹、と名前がついているのだ。

好みのメニューをオーダーして自分好みの割烹コースをスタートさせてみてもいいのではないだろうか。

先付けにアワビとウニをオーダーし、ウニアワビを堪能してもいいかもしれない。


ご飯ものはないので、おしのぎに煮穴子をチョイス。

穴子のしっかりとした味わいと山椒の効いた詰めのバランスは絶妙。おろしたてのわさびも爽やかに、そして先ほどのウニをのせるのも、また一興かもしれない。


ここまでで、もはや割烹の順番はどうでもよくなってくる。

向付(むこうづけ)ではノドグロとタイの松かさをチョイスしてみたが、これもまた最高の味わい。

もちろんハモやキスの天ぷらはしっかりと味わい深い、旬の味わいをかんじることができる。

もちろん椀ものも、たっぷりとハモと松茸を味わえるのだ。

北千住の路地裏にひっそりと佇む、吞ん兵衛のための最高の居酒屋、足立区・北千住の「割烹くずし 徳多和良 (とくだわら)」。

そこには、うまいものを少しずつ、そんな店主の思いやりを感じられる、絶品の立ち飲み屋があるに違いないのだ。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 割烹くずし 徳多和良 (とくだわら)
住所 東京都足立区千住2-12
営業時間 16:00〜21:00
定休日 土・日・祝
※お店に行くのであれば午後4時前がオススメ。それ以降は行列となります。