紫外線で白内障リスクもあるという(Ph:アフロ)

写真拡大

 紫外線がシミやしわなど肌の老化を招くことはよく知られている。その延長で頭皮が加齢し薄毛を招くことを知っている人も少なくないだろう。

 では、目は? 紫外線は目の表面の角膜を傷つけ、さらに一部は角膜からさらに奥に入り込み、水晶体や網膜にまで届いて障害や病気を引き起こすことは、もしかしたらあまり知られていないかもしれない。

 中目黒眼科院長の杉本由佳さんが言う。

「肌と違ってむき出しで外部にさらされた目は無防備になりがちで、直接紫外線のダメージを受けやすい。日本人は欧米人に比べて瞳の光彩の色が濃いため、まぶしさを感じにくいのですが、まぶしくなくても、目は確実に紫外線を取り込んでいます」

 8月はサングラスや日傘を使っても、9月になると気にしない人も多い。しかし、杉本さんは「9月がいちばん危ない」と警鐘を鳴らす。

「紫外線は一年中、半曇りの日でも目に入ります。紫外線の量が真夏と同じくらい多いのに、油断しがちな秋こそ気をつけるべきです」

 目から入った紫外線は、さまざまな病気を引き起こす。

「紫外線による目の病気は、大きく分けて急性障害と慢性障害の2種類がある」と言うのは金沢医科大学眼科学教授の佐々木洋さん。

「急性障害は肌の日焼けで、皮膚の皮がむけて痛くなるのと同じです。強い日差しにあたると充血したり、紫外線角膜炎といって、目の表面がむけて“びらん”ができて強い痛みを伴います」(佐々木さん)

 こういった日焼けを繰り返していると、慢性的な障害につながる。

「白目に黄色いシミのようなものができ、白目の端に突起物ができる瞼裂斑になります。ゴロゴロと異物感があったり、充血したりという症状がでます。また、見た目も白目が濁り、どんよりとした暗い印象になります」(杉本さん)

 そして、進行すると失明してしまうこともある白内障を招く。これは目の中にある水晶体というレンズが、紫外線によって酸化して濁ってしまう病気だ。

「水晶体はたんぱく質でできています。普段は水晶体に含まれるビタミンCなどが酸化を抑えているのですが、紫外線によってビタミンCが酸化されると、水晶体内のたんぱく質も酸化され老眼や白内障になりやすくなります。白内障の要因としてはたばこや糖尿病など紫外線以外もありますが、紫外線を多く浴びていると若いうちにかかりやすくなり、早いと40代でなります」(佐々木さん)

 杉本さんによれば、紫外線と目の病気の関係は明らかになっていて、たとえば紫外線の強いマレーシアと北海道で比べると、圧倒的にマレーシアのほうが若くして白内障になる人が多いというデータがあるという。また白内障のほかにも、紫外線による目の病気は多い。

「白目の結膜が黒目に入ってくる翼状片は、目の中心に入ると視力に影響するので手術しなければいけなくなる場合もある。網膜の中心に異常が生じる加齢性黄斑変性も、進行すると失明の可能性があります。実際、失明の原因で3番目に多いです」(杉本さん)

 それだけじゃない。昨今、「見た目年齢は目元で決まる」ともいわれ、アイケアは女性の大テーマでもあるが、実はこの紫外線こそが大敵なのだ。

 美容ジャーナリストの倉田真由美さんが説明する。

「太陽がまぶしいと感じると、脳がそれを感知して紫外線から体を守ろうと、メラニンの分泌が増えるといわれています。すると肌が黒くなったり、シミが増えたりすることがあります」

 実際、ネズミを使った実験で、目に紫外線をあてると皮膚のメラニンが増えたという報告がある。さらに、強い日差しに顔をしかめていると、しわができやすくなってしまうという。

「加齢とともに、普段の表情の癖がしわとして定着しやすくなります。まぶしくて、いつも目を細めて顔をしかめていると、額や眉間にしわができやすくなります」(倉田さん)

※女性セブン2016年9月15日号