写真提供:マイナビニュース

写真拡大

「妊娠中はシートベルトをしなくていい」という話がよく聞かれますが、"妊娠中"="シートベルトの着用義務を免除"とされているわけではありません。道路交通法を踏まえて、弁護士の篠田恵里香さんに聞いてみました。

○"やむを得ない理由"なら免除対象に

まずは道路交通法を見てみましょう。基本的には全ての座席においてシートベルトを着用する義務を課しており、例外的に"やむを得ない理由"がある場合に限って、シートベルト着用義務を免除しています(道路交通法第71条の3第1項及び第2項)。

妊婦については、道路交通法施行令第26条の3の2第1項第1号(助手席の同乗者に関しては同条第2項第1号)によって、「妊娠中であることにより座席べルトを装着することが健康保持上適当でない者」に限って、シートベルトを装着しないやむを得ない理由があるとして、装着義務が免除されることになります。つまり、妊娠中であってもシートベルトを装着することが健康上問題ない場合には、着用が免除されることにはならないのです。

○おなかを圧迫するのは悪いんじゃないの?

確かに、シートベルトで赤ちゃんのいる腹部を圧迫することは、赤ちゃんにとっても母体にとっても健康上の悪影響をおよぼす可能性を否定できません。特に、急ブレーキや事故の際などは、シートベルトが腹部を強く圧迫するおそれもあり、場合によっては流産等の危険があるとも言えます。そうなると、シートベルトをつけるとかえって、おなかの赤ちゃんに危険が生じるという見方もできます。

そうは言っても、事故等で強度の衝突があった場合には腹部圧迫の危険よりも、車外に放り出される危険や、フロントガラスに強打される危険等の方が大きいと言えるでしょう。この場合、重傷を負うどころか母子ともども命の危険が生じる可能性もあります。

国土交通省の発表によればシートベルトを着用しない場合、高速道路で約9倍、一般道路を含めると約14倍、命の危険が高まるとされています。赤ちゃんや母体の命を守るためにも、なるべく健康に支障のない方法で、シートベルトは着用した方がいいと言えるでしょう。

○マタニティシートベルトという手も

日本産科婦人科学会でもシートベルトの着用を推進しており、その場合の正しい着用法を指導しています。警察庁もこれに沿って、妊娠中のシートベルト着用の国民啓発のポスターをオフィシャルサイト上で公表しています。

例えば、(1)腰ベルト・肩ベルトともに着用すること、(2)肩ベルトは胸の間を通しておなかの側面に通すこと、(3)肩ベルトは首にかからないようにすること、(4)腰ベルトはおなかの膨らみを避け腰骨のできるだけ低い位置に通すこと、といった方法を指導しています。もちろん健康保持上、シートベルト自体しない方がいいというケースもありますので、医師の判断を仰ぐようにしてください。

また、妊婦さんのためのマタニティシートベルトも販売されており、安いものであれば3,000〜4,000円程度で購入できるようです。性能の高いものはやはり値段が張ってしまうようですが、「必要な期間だけレンタルする」ということであれば、2,000円〜3,000円程度でレンタルできるものもあるようです。自動車に乗る際は、このような商品を調べてみるのもいいかもしれません。

では、タクシーやバスではどうでしょうか。基本的には、「全ての座席」にシートベルトの着用義務があると言えます。ただ、一般道を走るバスについては、もともと「車内全ての座席にシートベルトを装着すべき」とされていないため、その範囲に限ってシートベルト着用義務が免除されています。

○通常、後部座席での未着用も過失対象に

妊婦とシートベルトの話からはちょっと逸脱しますが、あわせて行政処分についても触れておきましょう。助手席に座る場合は、シートベルト未着用につき、行政処分の基礎点数1点が付されます。後部座席に座る場合でも、高速道路(高速自動車国道または自動車専用道路)での違反は、行政処分の基礎点数1点となります。

一般道で後部座席に座る場合には、シートベルト未着用につき行政処分はありませんが、着用義務があることに変わりはありません。そのため、例えば追突事故を起こされた場合、後部座席の方がこれによってけがをしたとしても、「後部座席の同乗者にシートベルト未着用という過失がある」という評価となり、賠償額が減額される対象となります。

シートベルトは母体や赤ちゃんの命を守ってくれる大切なものです。「なるべくしたくない」という意識ではなく、「なるべく着用したい。だけど、どうしても着用できない場合にはやむを得ない」という意識でいることが大切と言えます。医師と相談しながら、母体ともどもを守ってくれるシートベルトですから、なるべく着用する方向で考えていきましょう。場合によっては、少々お金はかかりますが、マタニティシートベルトなどもうまく利用して、安全を確保して自動車に乗ることが望ましいでしょう。

※写真はイメージで本文とは関係ありません

○筆者プロフィール:篠田恵里香

東京弁護士会所属。東京を拠点に活動。債務整理をはじめ、男女トラブル、交通事故問題などを得意分野として多く扱う。また、離婚等に関する豊富な知識を持つことを証明する夫婦カウンセラー(JADP認定)の資格も保有している。外資系ホテル勤務を経て、新司法試験に合格した経験から、独自に考案した勉強法をまとめた『ふつうのOLだった私が2年で弁護士になれた夢がかなう勉強法』(あさ出版)が発売中。『ゴゴスマ -GO GO! Smile!-』(CBC/TBS)や『ロンドンブーツ1号2号田村淳のNewsCLUB』(文化放送)ほか、多数のメディア番組に出演中。ブログ「弁護士篠田恵里香の弁護道」

(アディーレ法律事務所編)