【新潟グルメ】新潟でイタリアンを食べに行ったら変な料理が出てきた(笑)

写真拡大

先日、記者が新潟に住む友人の元へ足を運んだときの話である。お互い久々の再会を喜び「とりあえず昼メシでも食べに行くか!」ということに。しかし、そこであまりにも予想外の料理を食べることになったのだ。

イタリアンを食べることに





当然、記者は新潟のグルメの知識がほとんどないため、友人に店選びを一任することに。すると友人は「イタリアンでも食べに行くか!」と提案。

男同士の食事でイタリアンだなんて、しばらく会わないうちに友人もオシャレになりやがったな……なんて思いつつも友人の車に乗り込み、イタリアンの店へと移動したのであった。

到着した先はショッピングモール



ところが、オシャレなイタリアンレストランに向かうのかと思いきや、車が到着したのは某ショッピングモール。テナントでオシャレなイタリアンレストランが入っているのだろうか? いろいろ気になったが、そのまま友人に任せてあとをついて行ってみた。

フードコートに到着!





しばらくショッピングモール内を歩き、友人が「着いた!」と言ったその場所はなんとただのフードコート。

とてもオシャレなイタリアンレストランがある雰囲気ではないぞ……。いったいここには何があるというのだろうか。そして、周囲を見回してみると、記者はあることに気づいてしまったのだ……!

「イタリアン」を売っている



目の前にある『フレンド』という店のメニューを見てみると、なんと『イタリアン』という料理が販売されているではないか……! しかも、想像をしていたイタリアンとはまったく異なる、なんだかよくわからない料理だぞ…!



イタリア料理といえばピザやパスタなどのイメージだったのだが、新潟ではこれをイタリアンと呼ぶのだろうか……。

せっかくなので注文してみる



まったく得体の知れない料理だが、料金は通常のイタリアンが330円と非常にリーズナブル。せっかくなので注文してみることにした。

これが『イタリアン』だ!



レジで会計を済ませると、調理担当のスタッフが目の前で手際よくイタリアンを盛りつけてくれた。こ、これが新潟でいうイタリアンなのか……!!



なにやら太麺の焼きそばのような料理の上から、スパゲティのミートソースがかけられているようだ。焼きそばもミートソースも、どちらも非常にウマい料理だが、ふたつを一緒に食べるなんてまったく想像ができない。



いったいどんな味になってしまうのだろうか。普通に焼きそばとスパゲティミートソースを別々に食べたほうがウマいんじゃないのか!?

つべこべ言わずに食べてみる



まあ、考えていても仕方がないので早速食べてみることにしたぞ!



ズルズルズル……。んっ……! んんんんんっ……!! 案外悪くないぞ……!! 焼きそばのソース味も、ミートソースのトマト風味も、どちらも控えめな味付けになっていて、お互いがあまりぶつかり合っていないのだ。

違和感なく混ざり合っている……! これはなかなかウマいぞ……!!

そんなにジャンク感もない





それぞれが濃厚な味付けになっていないため、食べていて胃がもたれてくるようなジャンク感もなく、案外さらりと食べられてしまう。

とはいえボリューム感はそれなりにあり、なんといっても値段が安い! これは最初に想像していたオシャレなイタリアンとはかけ離れているが、かなり満足度の高いB級グルメだと言えるだろう!

友人のコメント



せっかくなので新潟のイタリアンを教えてくれた友人に、イタリアンについて話を聞いてみたぞ。

「ンァッ! ハッハッハッハー! このイタリアンンフンフンッハアアアアアアアアアアァン! アゥッアゥオゥウアアアアアアアアアアアアアアーゥアン! コノ新潟ァゥァゥ……アー!」(コメントここまで)

友人が言うには、イタリアンは新潟県民のソウルフード的存在であり、誰もが自然に食べてきた料理で、「インドでいうところのカレー」くらいの位置づけなんだとか。家で作ったりこそはしないが、学生が学校帰りにみんなでイタリアンを食べたり、特に若者に人気があるのだという。

いろいろなバリエーションもある





ちなみに、友人が注文したのは『カレーイタリアン』。ミートソースではなくカレーソースがかけられていたのだが、一口食べてみたところこれもなかなかウマかった。

イタリアンは他の店では全然違う麺を使用していたり、さまざまなバリエーションを楽しめるのもポイントらしい。なかなか奥が深そうである。

そして最後は、会計の際にソフトクリーム100円のクーポンをいただいたので、こちらを使ってソフトクリームも注文。サンプルには番号だけが書かれ、味の表記が一切ないというアバウトな感じもたまらない。味もどこか懐かしい味わいに仕立てられていて良かった。



“イタリアンレストラン”の「フレンド」。新潟に訪れた際にはぜひ一度は足を運んでみていただきたい店である。

■執筆・監修:Mr. Fox

執筆、撮影、編集家日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/