家庭のチャーハンに革命。豚のうま味だけを抽出した「禁断のラード」のつくり方

写真拡大 (全9枚)

「えっ! ラードって家で作れるの?」

と思わず驚いてしまったレシピが、三越伊勢丹ホールディングスが運営する食メディア「FOODIE」で紹介されていました。

家庭料理をカンタンにお店レベルまで引き上げてくれる禁断の油、ラードのつくり方を、伊勢丹新宿店「I’S MEAT SELECTION」の岩田晴美シェフに教えていただきました。

「良質な豚の脂身から作ったラードの味わいを知ったら、もう以前のレシピには戻れないはず」(岩田シェフ)


豚のうま味を極めた油「禁断のラード」




用意するもの



・豚の脂身 (1kg)
・水 (100ml)
・こし器(編み目の細かいざるでもOK)
・ふきん(キッチンペーパー)


なんと材料はこれだけ!

ポイントは「脂身を火にかけて溶かしている間、焦げつかないように少量の水を入れる」こと。

脂身には、脂の他に「そぼろ」になる肉の繊維も含まれているので、調理行程でそれらを分離させていきます。

つくり方


STEP1






鍋に脂身と水を入れ、中火にかけ10分ほどそのまま加熱。アクが出てきたら丁寧に取り除く。

STEP2





肉の繊維が「そぼろ」となり脂と分離したら、こし器(または編み目の細かいざる)を使って、そぼろを一度こす。

STEP3






ふきんやキッチンペーパーを使い、さらに細かくこす。

一度濡らして使用すると、ふきんやキッチンペーパーの臭いが消える。

STEP4





こしたものを冷蔵庫で冷やせば、白く固まった自家製ラードの完成です。



「禁断のラード」を使ったオススメのレシピは、チャーハン。

いつも通りのつくり方でも、油を「禁断のラード」に変えるだけで格段においしく仕上がるそう。詳しいレシピはFOODIEをご覧ください。

また、脂から取り出したそぼろは捨てないでくださいね! 豚のうま味たっぷりのそぼろをある材料の代用として使うことで、食卓で人気のあのメニューをさらにおいしくしてくれるんです。

本当は教えたくない禁断の味……「ラード」の作り方、教えます![FOODIE]