東大生の集団強制わいせつ事件 被告の母が情状証人として証言

ざっくり言うと

  • 東大生の集団強制わいせつ事件の公判が5日、東京地裁で開かれた
  • 被告の母親が情状証人として出廷し、犯行の兆候は感じられなかったと語った
  • 検察側は懲役2年を求刑し、弁護側は執行猶予付き判決を求めて結審した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング