もっと引っ張ってほしい…控えめ男子を男らしく変身させちゃう5つの方法(photo by Igor Mojzes/Fotolia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】ちょっと控えめな男子。そんな彼を好きにはなったものの、ちょっとは引っ張ってほしいな…なんて思ってしまうことありますよね。そんな時は、彼を男らしく返信させちゃえばいいんです。そこで今回は、もっと引っ張ってってほしい…控えめ男子を男らしく変身させちゃう5つの方法をご紹介します。

【他の記事を見る】男性に「会いたい」と思わせる女性5つの小悪魔テクニック

♥食事のオーダーや旅行などは任せる


ガツガツしていなくて優しい控えめな男子は、付き合いやすいと感じる女性もいるかと思いますが、いざと言う時に頼れる方が安心しますよね。

食事をしている時に、お店やメニュー決め、これらを彼に決めてもらいましょう。

エスコートするクセをつけてもらうのです。

ドライブのナビゲーションや旅行のプラン決めなども彼に完全に任せてみましょう。

信じているから任せているのよ、という気持ちを全面に出してお願いすれば、彼も嫌な気にはならないはず。

決めるのが遅くても、黙って待ってあげましょうね。

♥たいしたことないことでもお礼を言う


日常生活の中で、ふとした瞬間に恋人からありがとうと言われると、とても嬉しい気持ちになるもの。

自分が彼女を幸せにしてあげているという幸福感に満たされます。

ありがとうを習慣づけることで、どんどん頼れる男に変身していくでしょう。

何かしてくれたことに、敏感に気づくようになれば、ありがとうという機会が増えますよね。

これはお互いが成長できて、良い関係になれちゃいますよ。

♥弱音を吐いてみる


無理に弱音を出す必要はないですが、今日の仕事きつかったーなどと少し嫌なことがあったような言い方をしてみてください。

控えめな男子は大人の女性を好むことが多いので、普段見せない弱い部分を見ると、優しい懐で包んであげたくなります。

こんな弱い部分あるんだ…と、自分が守らなきゃと思ってくれるでしょう。

「俺をもっと頼って?」なんて言われたら嬉しいですよね。

♥「やって」ではなく「お願いしていい?」


何か決める時に、彼に判断してもらうことは、とても効果的な方法ですが、この時に「はやく決めてよ」などと言ってしまうと、喧嘩になりかねないので「お願いしてもいい?」と言ってみましょう。

具体的な表現でお願いすると、彼は「こういう時は男が決めるものなのか」と思うようになるでしょう。

あなたが行きたい場所などを調べてくれるようになったら、彼が頼りになってきている証拠。

変化を感じたら、「なんか頼れるし男らしくなってますますカッコイイね」などと、何気なく褒めてあげましょう。

♥ベッドインしたら主導権を握らせる


ベッドインの時間は、男らしさを発揮できる場所なので、完全に彼に主導権を握らせてあげましょう。

そしてそのテクニックに満足していることが伝われば自信に変わり、破局の原因にもなっているセックスレスの危険もなくなります。

何もしてくれない時は「責めてほしい」とストレートに伝えちゃいましょう。

「こうしてくれたら気持ち良い」などと素直に言って、お互いが幸せを感じる夜を過ごしてくださいね。

いかがでしたか?

自分の好みに彼を変えれちゃうのは恋人である自分だけです。

何もしないまま「変わるわけないか」と、あきらめるのはNGです。

彼が変わってくれることを信じて、テクニックを駆使して、彼をコーディネートしてあげましょう。

新しい彼を見れるかもしれませんよ!(modelpress編集部)