4日、中国版ツイッター・微博に、走行中の新幹線車内で、500円硬貨を立たせてみる実験をした動画を紹介する記事が掲載された。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は新幹線。

写真拡大

2016年9月4日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に、走行中の新幹線車内で、500円硬貨を立たせてみる実験をした動画を紹介する記事が掲載された。

記事では、中国のネット上で外国人が中国高速鉄道の車内で、硬貨を窓際に立たせたところ、時速300キロに達してもピクリとも動かず、8分以上立ったままであったことが話題になったことを紹介した。

これに対抗心を持った日本のネットユーザーが、新幹線で同様に実験を行い、走行中の700系新幹線車内で何度も500円硬貨を立たせようとするが、結局立たせることもできずに動画は終了している。

これを見た中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「やっぱり中国高速鉄道はすごいんだな!」
「中国の高速鉄道は素晴らしい。ただ弁当が高すぎるのが玉にきず」
「日本の硬貨はダメだな。人民元硬貨は堅く立ち続ける!」

「速度も違うし硬貨の質も違う」
「日本の硬貨は薄すぎるんだろう」
「中国の高速鉄道では硬貨の下に接着剤を付けたに違いない」

「新幹線の窓際はつるつるしているようだし、硬貨も違うから何とも言えないな」
「それでも日本の新幹線は中国高速鉄道より優れていると多くの人が信じている」

「硬貨が違うから比較の価値がない。でも中国高速鉄道はやっぱりすごい」
「確かに日本の新幹線は揺れが激しい。特に東海道新幹線。まるで昔の汽車に乗っているかのようだ」(翻訳・編集/山中)