【あるある】酔っ払ってる時に「バスの乗車券」を買おうとしたところ間違えて「バスそのもの(390万円)」をネットオークションで落札した男が話題

写真拡大

お酒をよく飲むという人は、あまり自慢できないような失態を、1つや2つはヤラかしてしまうものである。特に、バケーション中となったら気持ちがゆるみまくってしまうものだが、どうやら気持ちだけでなく、思いっ切り財布のひももゆるくなってしまった人がいるようだ。

なんでも、ある男性が酔っぱらって390万円のバスを購入したのに、全く記憶になくて驚愕する事態に陥っていたというのである!!

・イビサ島でパーティー三昧した男性がトンでもない目に!

イギリス人のデイヴィー・リトルさんが、地中海に浮かぶイビサ島でバケーションを楽しんだ時のこと。イビサは、若者が集まる究極のパーティーアイランドと知られているだけに、アルコールは欠かせない存在である。

まさに、イビサでのお約束事のように、ナイトクラブで踊り明かして酔っぱらった彼が、翌日目を覚ましてスマホを開くと、驚愕の事実を目にすることとなったのだ!

・酔っぱらっている時に390万円のバスを購入していた!!


デイヴィーさんがスマホのメールアカウントを開くと、オークションサイトeBayから、「2万8500ポンド(約390万円)のバスを購入しました」とのメールが届いているではないか!

バスを購入した記憶が全くないという彼は、「なんてこった! イビサは人の人生を台無しにする!! 誰かバスを買いたい人はいる!?」と、自身のFacebookに投稿して泣きつく始末に! 彼は、ナイトクラブからホテルに帰る時に、バスの乗車賃を払うのではなく、バスそのものを買ってしまったという訳である。

・本当に起こった事だと主張するデイヴィーさん

デイヴィーさんが犯した大失態は、瞬く間にネットで拡散し、海外メディアにも取り上げられている。だが、「デッチ上げのストーリーなんじゃないの!?」と疑うネットユーザーもいるようで、そんな反応に対し、彼は、「決済が済んでいないから支払いはまだだけど、本当に起きたことだ」と主張している。

イビサ島からイギリスにバスを運ぶ手段も考えなければならず、かなり手続きなども大変そうだ。いっそのことイビサに住み着いて、購入したバスでツアーでも始めたら、案外儲かって390万円の元を取れるかもしれない。

参照元:Facebook @Davie Little、Mashable(英語)
執筆:Nekolas

この記事をロケットニュース24で読む