ブランド別に注目モデルをご紹介。超絶技巧を誇るトーキングピースはここでは除外するとして、ビジネスマンが普段使いするのにふさわしい上質で飽きのこないモデルだけをピックアップした。時計の買い替えや新調を考えている方は、ぜひ参考にしていただきたい。

アイコン一覧

[001]BALLWATCH(ボールウォッチ)

アメリカの鉄道時計として誕生したブランドストーリーを背景に、実用機能を発展させてきたボールウォッチ。この2モデルもそのスタンスの延長線上に開発されたものだが、ユーザーが時計を操作する歓びにまで十分に配慮している点に、ボールウォッチの次なる新境地がありそうだ。

●耐磁機構を通じて、ユーザーが時計を操作する楽しみを創出

エンジニアマスター マグニートーS エンジニアマスター マグニートーS_2 42mm

『エンジニアマスター マグニートーS』
38万8800円

自動巻き STAINLESS 100m シースルーバック

ベゼルの回転操作で、カメラのシャッターのようにケースバックが閉じる革新機構を搭載。シースルーバックと80000A/mの耐磁性能を両立し、ボールウォッチらしさを押し出す。

●特許取得の「スライド クロノグラフ システム」を初搭載

エンジニアマスター スライドクロノグラフ エンジニアマスター スライドクロノグラフ_2 47.6mm

『エンジニアマスター スライドクロノグラフ』
38万8800円

自動巻き STAINLESS 100m

クロノグラフ計測時の操作性を高める目的でケースサイド9時側のスライドレバーを開発。スタート、ストップの瞬間をとらえやすくなった。

[002]BLANCPAIN(ブランパン)

『フィフティファゾムス』60周年を機に昨年登場した『バチスカーフ』シリーズに、フライバッククロノグラフが新登場。振動数を高め、シリコン製ヒゲゼンマイを用いるなど、ムーブメントも着実に進化している。

●潜水艇バチスカーフをオマージュするミリタリークロノグラフ

フィフティファゾムス 43.6mm

『フィフティファゾムス バチスカーフ フライバック クロノグラフ』
172万8000円

自動巻き CERAMICS 30気圧

軍用デザインをハイクオリティーな外装技術によりリッチに仕立てた。セラミックベゼル内部のインデックスはリキッドメタル製。ストラップは現在流行中のNATO軍タイプだ。

[003]BREITLING(ブライトリング)

旗艦シリーズ『クロノマット』に加わった『クロノマット・エアボーン』は、自社キャリバーCal.01を搭載。ブライトリングの現代の技術を盛り込み、なおかつ初代クロノマットの雰囲気を甦らせたファン待望のモデルだ。また『ナビタイマー』に加わった大型版は、文句ナシにカッコいい。

●『クロノマット』誕生30周年を記念したスペシャルシリーズ

クロノマット・エアボーン 41mm

『クロノマット・エアボーン』
95万5800円

自動巻き STAINLESS 300m

ライダータブと呼ばれる凸部をベゼルに搭載する『クロノマット』のオリジナルデザインを甦らせた。ファブリック素材のストラップは、摩擦による毛羽立ちを低減する工夫を凝らしている。

●自社キャリバーを搭載してケースサイズを大型化

ナビタイマー 01 46mm

『ナビタイマー 01(46mm)』
101万5200円

自動巻き STAINLESS 3気圧 シースルーバック

回転計算尺を装備する『ナビタイマー』に3mmサイズアップのエクステンションモデルが登場。プロフェッショナルギアとしてのパイロットウオッチらしさが際立つ迫力モデルへと変貌した。

[004]CASIO(カシオ)

満を持して発表したGPSモデルは、標準電波受信とのハイブリッド。これは、GPS受信の電力消費値が電波受信に比べて高いという事実から導いたカシオの合理的な回答だ。またGPSの省電力化を実現するため、ソニー製ケータイ用GPSを腕時計向けにカスタマイズしたという。

●GPSと電波受信のハイブリッドでムーブメントの省電力化に寄与

Gショック GPW-1000

『Gショック GPW-1000』
10万8000円

GPS SOLAR 200m

GPSと世界6局電波受信機能をダブル搭載。はじめにGPSで得た位置情報をもとに、標準電波受信可能エリアかどうかを判定して、時刻修正の遂行方法を自動制御する。ケース素材は樹脂。

●個性的なヴィンテージ感を人気モデルで表現

MTG-S1000BS 53.5mm

『MTG-S1000BS』
16万2000円

SOLAR 200m

ゴールドIP処理にブラックIP処理を重ね、ブラックIPを一部はがすことで長期間使い込んだようなヴィンテージテイストを創出した。MT-Gのタフなイメージを見事に加速させた秀逸なデザインだ。

[005]CITIZEN(シチズン)

他ブランドに先駆け、2011年に人工衛星受信時計を登場させたシチズン。その衛星とはGPSであるが、シチズンはこのシグナルから時刻情報だけを得る代わりに、世界最速3秒という驚愕の受信スピードを具現した。また工作技術を駆使したグッドデザインも評価されたポイントだ。

●エポックモデルとして後世に残る非常に斬新なカラーリング

シチズン エコ・ドライブ サテライト ウエーブ F100 45.4mm

『シチズン エコ・ドライブ サテライト ウエーブ F100』
25万9200円

人工衛星 SOLAR TITANIUM 10気圧

スピード感あふれるSFの世界を彷彿させる色使いは、このモデルに対するデザイナーの自信の表われだろう。昨年モデルから受信時間が1秒短縮。その1秒に技術者は全精力を傾けた。

●衛星電波受信スピードの向上とケースサイズの小型化を実現

シチズン エコ・ドライブ サテライト ウエーブ F100_2 45.4mm

『シチズン エコ・ドライブ サテライト ウエーブ F100』
19万4400円

人工衛星 SOLAR TITANIUM 10気圧

多面構成によりケースの薄さを表現。前モデルに比べて衛星電波受信に要する時間が短縮し、時計が機敏に反応する心地良さが高まった。

[006]CHARRIOL(シャリオール)

ケーブルモチーフをはじめとしたユニークなデザインを得意とするシャリオール。ラグジュアリーブランドの優雅さと大胆さが共存する洒脱なデザインにスイスエレガンスの神髄を発揮する。

●エッジの効いたケースフォルムにブランドの美学を貫く

コロンブス サントレ カーベックス w33mm

『コロンブス サントレ カーベックス』
税別予価26万円

自動巻き STAINLESS 3気圧

腕に沿い、フィットする湾曲形状のケースフォルムが特徴。極めて大きいサイズも、現代感を醸し出している。リュウズトップの装飾もユニーク。

[007]EDOX(エドックス)

日本国内における本格展開7年目となったエドックスだが、ブランド自体の歴史は非常に長く、2014年は創業130周年という節目を迎えた。新作では、過去にエドックスの名を世に知らしめたエポックモデルに焦点が当たり、不変の魅力を備えたパーフェクトデザインが賞賛された。

●1965年のヘリテージモデルを現代の最新技術で復刻

ハイドロサブ ノースポール リミテッドエディション 49mm

『ハイドロサブ ノースポール リミテッドエディション』
37万8000円

自動巻き STAINLESS 500m

ケースサイドをスライドするオレンジのプロテクションを備え、リュウズとムーブメントを衝撃から保護する。耐水加工を施したレザーストラップを付属する。

●ブランドの歴史をデザインに表わした正統派クラシカルモデル

レ・べモン 130周年記念限定モデル 44mm

『レ・べモン 130周年記念限定モデル』
35万6400円

自動巻き STAINLESS 3気圧

気品を感じさせるデザインに身を包んだトリプルカレンダー・ムーンフェイズ。汎用ムーブメントにモジュールを組み合わせ、バリュープライスを実現した。

[008]EPOS(エポス)

小気味良いアイデアで、ユーザーにコスト負担を強いることなく機械式時計の魅力を提供。文字盤のみをくりぬいた新作のデザインも、エポスの製品開発思想がストレートに具現された好例だ。

●時分秒針の軸がそれぞれ異なるレギュレータースタイルの進化形

エモーション レギュレーター リミテッド エディション 41mm

『エモーション レギュレーター リミテッドエディション』
25万7040円

自動巻き STAINLESS 5気圧 シースルーバック

文字盤を部分的にくりぬき、ペルラージュ仕上げが施されたムーブメントの一部を露出。歯車自体を見せるスケルトンデザインとも異なる、稀有な雰囲気を見せている。

[009]FREDERIQUE CONSTANT(フレデリック・コンスタント)

最新テクノロジーを駆使した自社製キャリバーが話題を呼び、10年余の月日が経過。ジュネーブの本社工場を拡充するめども立ち、マニュファクチュールとしての様相を今後はさらに強めていく。プライスレンジを超えた品質の高さは、このブランドが絶大な支持を集める理由だ。

●多くのフォロワーを生んだテンプを見せる総本家デザイン

ハートビート マニュファクチュール 42mm

『ハートビート マニュファクチュール』
79万9200円

自動巻き STAINLESS 5気圧 シースルーバック

例年、本数限定でリリースしてきたマニュファクチュールモデルを通常ライン化。12時位置にデイト表示とムーンフェイズ、9時位置に24時間表示を搭載する。

●知的でクリーンな印象を加速させたブレスレットモデル

ワールドタイマー マニュファクチュール 42mm

『ワールドタイマー マニュファクチュール』
50万7600円

自動巻き STAINLESS 3気圧 シースルーバック

昼夜別24時間リングが回転して、世界各都市時刻を同時に示す。一昨年、誕生したこのモデルに新設計のブレスレットが加わった。

[010]GIRARD-PERREGAUX(ジラール・ペルゴ)

「ヴィンテージ1945」シリーズの腕にしっくりとなじむフィット感は、特筆に値する。2014年はこのシリーズに限定モデルが追加され、注目の角型モデルとしてますます気になる存在となった。

●腕に沿うための優雅なカーブが類いまれなるフィット感を生み出す

ヴィンテージ1945 w32.5mm

『ヴィンテージ1945』
100万円

自動巻き STAINLESS 3気圧 シースルーバック

日本とスイスの国交樹立150周年を記念した限定モデル。ローマ数字のインデックスをグレーの色調とすることで、通常モデルとは異なる柔らかな第一印象を演出する。東北復興支援として宮城県亘理町の職人が製作した袋を付属。

[011]HAMILTON(ハミルトン)

アメリカで誕生し、アメリカの発展とともに成長したハミルトンらしいアイコニックなモデルが今年も続々と登場。スイスクオリティーの確かなムーブメントを用いながら、ドラマチックなストーリーをデザインとして描き、世界トップクラスのコストパフォーマンスまでも追求する。

●スケルトンデザインに新たな息吹を与える

カーキ フィールド スケルトン 42mm

『カーキ フィールド スケルトン』
14万1480円

自動巻き STAINLESS 5気圧 シースルーバック

航空機のプロペラをイメージしたXフォルムの文字盤が妙味。スケルトンデザインをモダンな発想で表現したハミルトンならではの快心作だ。12時のすぐ下にはテンプが見える。

●外装も機械もすべてが高品位。これが新基準のバリュー!

スピリット オブ リバティ 42mm

『スピリット オブ リバティ』
11万3400円

自動巻き STAINLESS 5気圧 シースルーバック

標準持続時間80時間を誇るH-10 ムーブメントを搭載。エレガントなパティーヌ仕上げのストラップをはじめ、プライスレンジを大きく超えたパッケージングが施されている。

[012]HUBLOT(ウブロ)

ジュネーブとバーゼル、年2回のタイミングで新作発表が続くウブロ。今年の棲み分けは、レギュラーコレクションが数多く発表されたジュネーブに対し、バーゼルでは新素材や複雑機構に傾注したレアピースが大半を占める。その数、合わせて100モデル以上とは驚愕に値する。

●FIFAワールドカップTM ブラジル唯一のオフィシャルウオッチ

ビッグ・バン ウニコ バイレトログラード 45mm

『ビッグ・バン ウニコ バイレトログラード クロノグラフ セラミック カーボン』
262万4400円

自動巻き CERAMICS 10気圧 シースルーバック

ウブロ初のバイレトログラード機能を付随した自社開発ムーブメント「ウニコ」を搭載。前・後半の試合時間を12時位置の扇状のインデックスで指し示すシステムだ。

●ジョゼ・モウリーニョをイメージしたモデルが登場

キング・パワー スペシャル・ワン 48mm

『キング・パワー スペシャル・ワン』
244万800円

自動巻き TITANIUM 10気圧 シースルーバック

一際目を引くのが、ダークブルーのカーボンファイバーベゼルだ。時計メーカーでありながら、カーボン素材自体を自社製造するのは、気鋭ブランドとしての自負なのだろう。

[013]JEANRICHARD(ジャンリシャール)

グッチを筆頭とするファッションコングロマリット爛吋螢鵐悪畛渦爾貌り、トレンドを俊敏にキャッチする新たなブランドスタイルを確立。今年も続々と魅力にあふれる新作が登場している。

●ビジネスでも着用OKな上質ヴィンテージスタイル

1681センターセコンド 44mm

『1681センターセコンド』
予価65万8800円

自動巻き STAINLESS 防汗

自社製ムーブメントを搭載する1681シリーズに加わったヴィンテージテイストモデル。ケースに砂目仕上げのブラウンPVDを施し、大人の遊び心を満たすビジュアルを導いた。

[014]JUNGHANS(ユンハンス)

150周年を機に誕生した、ユンハンスの歴史的コレクションの流れを汲む「マイスターコレクション」。今年はその中に1951年当時のデザインを忠実に再現するテレメーターが登場した。またマックス・ビルモデルでは、文字盤のバリエーションを新たに提案。こちらも見逃せない。

●バウハウスのデザイン哲学を伝えるシンプルイズムの境地

マックス・ビル バイ ユンハンス オートマティック 38mm

『マックス・ビル バイ ユンハンス オートマティック』
14万400円

自動巻き STAINLESS 防汗

スレートグレーのダイヤルにベージュのインデックスを初めて組み合わせた既存モデルのエクステンション。小さなフォントに加え、蓄光材が光る具合も、アンティークのような奥ゆかしいテイストを醸している。

●普遍のデザインを追い求め自社の逸品を現代に甦らせた

マイスター テレメーター 40.4mm

『マイスター テレメーター』
35万4240円

自動巻き STAINLESS 3気圧 シースルーバック

爛謄譽瓠璽拭辞瓩箸詫醉訃貊蠅泙任竜離が測れるスケールのこと。爛織メーター瓮好院璽襪眩備。1951年のオリジナルデザインを復刻したこのモデルは、機械式クロノ円熟期の魅力を余すところなく伝えている。

[015]LONGINES(ロンジン)

王道デザインを甦らせた「ロンジン エレガントコレクション」は、腕にした時の着け心地の良さも特筆に値する。女性モデルも多数用意され、ペアウオッチにもおすすめだ。一方、ロンジンはコンクェストの名を歴代モデルに使用してきたが、60年の節目を迎え、限定モデルが登場した。

●歴史に刻まれたヘリテージを顧み、そして礼賛する

コンクェスト ヘリテージ L1.611.4.70.4 35mm

『コンクェスト ヘリテージ L1.611.4.70.4』
19万5480円

自動巻き STAINLESS 3気圧

爛灰鵐ェスト瓩量召鮠ι古佻燭靴討ら60周年。これを記念して初代デザインを限定復刻した。50’sの雰囲気を伝えるため、デイト表示は敢えて搭載しない。裏蓋には冒険から連想された魚マークを刻印している。

●新たなコレクションを登場させ端正なデザインをモダナイズ

ロンジン エレガントコレクション L4.809.4.11.6 34.5mm

『ロンジン エレガントコレクション L4.809.4.11.6』
19万6560円

自動巻き STAINLESS 3気圧 シースルーバック

スリムなローマ数字インデックスとホワイトダイヤルのコントラストが見事に調和。オーソドックスだが、不変の美を宿している。小振りなサイズもビジネスシーンには好印象だ。

[016]MAURICE LACROIX(モーリス・ラクロア)

『マスターピース グラビティ』に搭載する13番目の自社ムーブメントでは、時計の心臓部を文字盤面にレイアウト。脱進機に最先端素材シリシウムを用いて、耐久性への配慮にも余念がない。一方、オールブラックを筆頭とするモダンなアプローチも、このブランドの得意分野だ。

●ムーブメントの開発を通じて機械式時計の魅力を伝える

マスターピース グラビティ 43mm

『マスターピース グラビティ』
147万9600円

自動巻き STAINLESS 5気圧 シースルーバック

テンプ、アンクル、ガンギ車といった時計の精度をつかさどる大切な脱進機部分をすべて文字盤側にレイアウト。13番目となる自社製ムーブメントは、時計界を席巻中のオープンデザインへの独自アプローチだ。

●上品な質感と洗練を兼ね備えるデザインの勝利の好例

ポントス デイト 40mm

『ポントス デイト』
31万3200円

自動巻き STAINLESS 5気圧 シースルーバック

サンドブラスト加工によりセミマットな質感を表わしたPVDケースと、同じくセミマットのブラック文字盤との組み合わせが潔い。針やインデックスには発光コーティングを施し、視認性を十分に確保している。

[017]MICHEL HERBELIN(ミッシェル・エルブラン)

フランスを代表する時計ブランドが今年から日本に本格上陸。半世紀以上の歴史に支えられた確かな技術を背景に、フランス気質の柔軟な開発思想でトレンドを程よく加味した新作を送り出す。

●マリンスポーツの爽やかさをフレンチデザインでさりげなく表現

ニューポート ヨットクラブ クロノ オートマチック 43.5mm

『ニューポート ヨットクラブ クロノ オートマチック』
37万4760円

自動巻き STAINLESS 10気圧 シースルーバック

純白ダイヤルをベースに、ブルーやネイビーの精悍なアクセントカラーを添え、スタイルコンシャスなスポーティークロノグラフへと仕上げている。

[018]OMEGA(オメガ)

ムーブメントを耐磁金属で覆うのではなく、パーツそのものを耐磁素材で製作するという、これまでにない手法を確立したオメガ。2020年までに全モデルの70%を耐磁時計とすることを掲げるが、早くも今期新作の約半数はこの耐磁ムーブメントが採用されることになった。

●自信作の耐磁キャリバーを本格ダイバーズモデルで新展開

シーマスター 300 マスター コーアクシャル 41mm

『シーマスター 300 マスター コーアクシャル』
68万400円

自動巻き STAINLESS 300m シースルーバック

昨年発表の耐磁キャリバーを『シーマスター300』に初搭載。ヴィンテージ感を増幅するベージュ色の蓄光材も新たな魅力だ。

●ヴィンテージテイストを強めたコレクター垂涎のスピードマスター

スピードマスタープロフェッショナル 42mm

『スピードマスタープロフェッショナル爛▲櫂11号45周年リミテッドエディション』
75万6000円

手巻き 18k TITANIUM 50m

味わいのあるチタンを用いて当時の雰囲気を存分に演出。ロゴ、インダイヤルのインデックスはピコレーザーによる削り出しだ。

[019]ORIS(オリス)

汎用ムーブメントのチューンアップを得意とするオリスだが、創業110周年モデルでは完全自社製作に敢えて挑戦。技術ポテンシャルの高さを改めて知らしめた。今日ではスポーツモデルを含む多彩なラインアップを誇るが、中でも外装が際立つクラシックモデルに注目したい。

●35年ぶりに新規開発した自社製機械式キャリバーを搭載

110 Years リミテッドエディション 43mm

『110 Years リミテッドエディション』
63万7200円

手巻き STAINLESS 3気圧 シースルーバック

創業110周年を記念したアニバーサリーモデル。10日間のロングパワーリザーブを正確に表示するノンリニア(非等間隔)インジケーター付き。

●機械式の醍醐味を伝える古典機構の現代解釈

アートリエ ジャンピングアワー 40.5mm

『アートリエ ジャンピングアワー』
50万7600円

自動巻き STAINLESS 5気圧 シースルーバック

12時位置の小窓で時を示し、分と秒をそれぞれ独立したダイヤルで表示する。ケースに対して針の軸がいずれもセンターになく、それゆえ躍動感に満ちている。

[020]PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ)

創業175周年という節目を迎えたパテック フィリップ。バーゼルワールドの新作では年次カレンダー搭載クロノグラフに初のSSモデルがエントリーしたことが話題となった。3Dデザインの文字盤も個性的である。

●複雑モデルをスポーティーに仕上げるリッチでユニークなコンセプト

Ref.5960/1A 年次カレンダー搭載クロノグラフ 43.2mm

『Ref.5960/1A 年次カレンダー搭載クロノグラフ』
557万2800円

自動巻き STAINLESS 3気圧 シースルーバック

同社のスポーティーラインである『ノーチラス』『アクアノート』を除いては、ブランド初の試みとなるコンプリケーションムーブメントとステンレススチール素材との組み合わせ。

●GMT針に連動してデイト表示も正しく送られる最新機構を搭載

Ref.5990/1A ノーチラス・トラベルタイム・クロノグラフ w45.7mm

『Ref.5990/1A ノーチラス・トラベルタイム・クロノグラフ』
582万1200円

自動巻き STAINLESS 12気圧 シースルーバック

『ノーチラス』の特徴でもある左サイドのヒンジを生かし、プラス・マイナスのプッシュボタンを新装備。GMT針をワンタッチで修正できる秀逸な機構をクロノグラフに搭載した。

[021]ROLEX(ロレックス)

久しぶりに『チェリーニ』コレクションから新作を登場させたロレックス。また青赤ベゼルの『GMTマスター供戮和燭の人が待ちわびていたモデルである。人気のカラーリングが最新のテクノロジーによって再登場したことは、非常に喜ばしい。

●世界に先駆ける技術力の結晶。見どころはベゼルの美色!

オイスター パーペチュアル GMTマスター 40mm

『オイスター パーペチュアル GMTマスター供
388万8000円

自動巻き white gold 100m

セラミックのベゼルに2色を配色する技術をロレックスが開発し、『GMTマスター』を象徴する青赤ベゼルが登場した。この青と赤は24時間インデックスの昼夜を表わしている。

●煌めき要素満載のディテールでブランドの気品を表現

チェリーニ デイト 39mm

『チェリーニ デイト』
183万6000円

自動巻き white gold 50m

ロレックスのエレガンスを具現する『チェリーニ』コレクションに誕生した新作。ギョーシェ文字盤やベゼルのデザインが凝っている。3時位置のサブダイヤルで日付を表示。

[022]SAINT HONORE(サントノーレ)

1885年、パリ・サントノーレ通りに工房を開き、後に自社ブランドを手がける。品質の高さと世界に通用する価格優位性に定評があり、ケースや文字盤といった外装に並々ならぬこだわりを持つ。

●スタイリッシュなデザインとスイスメイドの品質の高さが魅力!

カルーセル オートマティック オープンダイヤル 42mm

『カルーセル オートマティック オープンダイヤル』
税別予価16万円

自動巻き STAINLESS 5気圧

ムーブメントを露出したオープンダイヤルが特徴。回転木馬(カルーセル)をイメージさせるインデックスとケースデザインが、このモデルのスマートな魅力を高めている。

[0023]SCHAUMBURG WATCH(シャウボーグ ウォッチ)

独創的な製品開発コンセプトに加えて品質の高さにも並々ならぬこだわりを持つ、ドイツの秀逸な爛好癲璽襯屮薀鵐畢瓠シースルーバックに見るムーブメントの装飾は、まさに息をのむ美しさだ。

●オープンデザインの新解釈は時計通が唸る独創的コンセプト

ウニカトリウム クラシック 42mm

『ウニカトリウム クラシック供
34万5600円

手巻き STAINLESS 5気圧 シースルーバック

文字盤側に見えているのは香箱。約48時間のパワーリザーブは、ゼンマイの解け具合により、ユーザーに残量状況を伝えている。

[024]SEIKO(セイコー)

爛オーツに続く第2の革命瓩班部真二社長が位置づけるGPSソーラーは、第2世代にして早くもデザイン、機能面ともに円熟の域に到達。ケースの厚みも抑えられ、悪目立ちしないスマートな風貌へと進化している。質実剛健さを押し出した『GS』復刻モデルも人気必至となりそうだ。

●スポーティーなデザインに身を包んだ大躍進するGPSウオッチ

セイコー アストロン SBXB003 44.6mm

『セイコー アストロン SBXB003』
25万9200円

GPS SOLAR TITANIUM 10気圧

第1世代『アストロン』の技術をベースにさらなる省電力化に成功。前モデルに比べて針を動かすモーターをさらにひとつ増やし、クロノグラフ機能を付加したが、ケース厚が13.3mmと飛躍的に薄くなった。

●存在感あるたくましいラグ形状に硬派モデルの心意気を見いだす

グランドセイコー ヒストリカルコレクション 37.2mm

『グランドセイコー ヒストリカルコレクション GSセルフデーター 限定モデル(復刻デザイン)』
37万8000円

クオーツ STAINLESS 10気圧

1964年にリリースされた第2世代『グランドセイコー』の力強いデザインを再現。ムーブメントは『GS』専用の高精度クオーツ。クロコダイルストラップのほか、付け替え用ステンレススチールブレスレットも付属。

[025]TAG HEUER(タグ・ホイヤー)

自社生産体制を強化して、ムーブメントのほかにケースや文字盤にもトップメーカーとしてのクオリティーを押し出す姿勢をアピール。仕上げの良さが冴える「カレラ キャリバー5」はその代表と言えそうだ。

●第2の自社キャリバーを搭載するファーストモデル

カレラ CH80 クロノグラフ 41mm

『カレラ CH80 クロノグラフ』
予価74万5200円

自動巻き STAINLESS 100m シースルーバック

2013年、先行発表した自社開発キャリバーを初搭載。現行クロノグラフで最長スペックを記録する80時間パワーリザーブを特徴とする。レーシングデザインの王道を華麗に表現した意匠にも人気が集まりそうだ。

カレラ CH80 クロノグラフ_2

動力伝達に優れる垂直クラッチシステムを採用。仕上げもスポーティー。

●自社工場ゆえの徹底した品質追求でクラスを超えた作りの良さをアピール

カレラ キャリバー5 ツインタイム 41mm

『カレラ キャリバー5 ツインタイム』
35万6400円

自動巻き STAINLESS 100m シースルーバック

バーインデックス外周の24時間表示と赤矢印針により、第2時間を指し示す。ケースラインの堂々としたデザインや、メリハリがあり読み取りやすい文字盤は出色の仕上がりだ。

[026]TISSOT(ティソ)

持続力を追求した結果、高精度も実現したティソのエクスクルーシブムーブメント「パワーマティック80」を本格展開。話題のスケルトンモデルでは、2013年と同型のムーブメントを用いつつ、今年は各パーツにも肉抜き装飾を施してエレガントなニュアンスをプラスした。

●ひと目で機械式とわかる明解なデザインが秀逸

ティソ シャミン・ドゥ・トゥレル 42mm

『ティソ シャミン・ドゥ・トゥレル』
21万6000円

手巻き STAINLESS 5気圧 シースルーバック

モデル名はル・ロックル本社前を横切る小さな路地の名称。昨年大ヒットとなったフルスケルトンモデルをさらに進化させ、ブルーをアクセントにした際立つデザインに仕立てた。

●異次元的な戦略プライス!金無垢で、33万円!!

ティソ ヴィンテージ パワーマティック80 40mm

『ティソ ヴィンテージ パワーマティック80』
33万円

自動巻き pink gold 3気圧 シースルーバック

スウォッチ グループの底力を感じさせる狒簡向敵ナシ瓩離丱螢紂璽皀妊襦クルー・ド・パリ装飾の文字盤や、80時間パワーリザーブを誇るムーブメントなど魅力が満載だ。

[027]VICTORINOX SWISS ARMY(ビクトリノックス・スイスアーミー)

ビクトリノックス創業130周年、またビクトリノックスの時計部門が発足して25周年というアニバーサリーイヤーにふさわしく、新シリーズ『イノックス』が披露された。イノックスとはフランス語でステンレススチールの意。ブランド名の一部でもある重要コレクションの誕生だ。

●130周年を機に登場したブランドの原点に回帰する高機能モデル

イノックス 43mm

『イノックス』
7万7760円

クオーツ STAINLESS 200m

130を超える強度耐久テストをすべてクリア。爛好ぅ昂海寮鐚屬剥爐甅犢發10mからコンクリートに落下させる瓩覆鼻▲織侫優垢魘砲瓩襪海箸如嵜頼性能」を追い求めている。

イノックス_2

ナイロン&シリコン素材の着脱可能なバンパープロテクターが付属する。

●定番の『アライアンス』に待望の機械式モデルが登場

アライアンス メカニカル 40mm

『アライアンス メカニカル』
10万8000円

インデックス外周の見返しを立たせ、ダイヤル面を大きく見せることでクリーンな印象を導いている。スイスアーミーナイフのハンドルを模した赤い秒針の柄の造形は、このブランドならではのチャームポイントだ。

[028]ZENITH(ゼニス)

ゼニスが誇る『エル・プリメロ』からクロノグラフモジュールを外し、3針モデルを作ったのが昨年。これに得意のオープンデザインを付加して、ノン・クロノモデルを前進させた。人気のパイロットモデルでは戦略的価格を実現。こだわりのモデルがリーズナブルに入手可能となった。

●納得のバリューコンセプトで人気爆発モデルとなること間違いなし!

パイロット タイプ20 エクストラ スペシャル 45mm

『パイロット タイプ20 エクストラ スペシャル』
51万8400円

自動巻き STAINLESS 10気圧

ヘリテージ感にあふれるデザインと質感の高さで快進撃を続ける『パイロット』シリーズ。今年のモデルは、外装はそのままに、自社キャリバーをあえて用いず、コスパを追求。

●ブランドのDNAを継承する新たなオープンデザイン

エル・プリメロ シノプシス 40mm

『エル・プリメロ シノプシス』
64万8000円

自動巻き STAINLESS 10気圧 シースルーバック

ゼニスが誇る高性能ムーブメント『エル・プリメロ』のクロノグラフモジュールを外し、3針モデルへと最適化。さらにムーブメントの一部が文字盤側から見られる設計とした。

◎価格など各種データは取材時のものです。