近年、中古マンションを自分たちの好きなようにリノベーションし購入するのが人気となっています。しかし、すべてのマンションでそれが可能かというとそんなこともないらしく…。これまで多くのマンショントラブルの相談を受けてきた、無料メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』の著者・廣田信子さんは、中古マンション購入時に絶対に確認すべき3つのポイントを挙げ、不要なトラブル防止を呼びかけています。

中古マンション購入で絶対に確認してもらいたいこと

こんにちは! 廣田信子です。

「『お金』のない中古マンションは買うな。これさえ守れば失敗しない」では、中古マンションの購入時の注意として、お金を持っていない、必要な積立ができていないマンションは要注意という話をしました。

様々なトラブルの相談から、他にも、中古マンション購入時に絶対に確認してもらいたいことが3つあります。

一つ目は、スラブ厚です。特に、子育て中のファミリーは、床のスラブ厚、壁厚を確認してください。古いマンションをリノベーションして購入するのがだいぶ人気になってきましたが、古いマンションの中には、スラブ厚、壁厚がかなり薄いものがあります。特に床スラブのコンクリート厚130mm以下というようなものは、絶対に避けてほしいと思います。子供の走る音等が、かなりの確率で騒音問題になります。

前の住民が大人ばかりだった場合、直下の住民は、子供の騒音に耐性がありません。最低150mm、できれば、180mmほしいと思います。工法で防ぐにも限りがあります。スラブが薄いのはかなり致命的になります。

騒音問題は、安心で快適な暮らしの根底を揺るがすものです。子供を叱っているだけの毎日になってしまうかもしれません。他の条件で妥協しても、絶対にここは妥協しないでもらいたいと思います。

二つ目は、リフォームに関する規定です。どのようなルールがあるのか、今までにトラブルがなかったか、売買契約書に印を押す前に必ず確認してください。業者任せではなく、ぜひ自分の足で直接当たって下さい。

特にリノベーションで、大きく間取りや仕様を変えようというときは、絶対にマンションに足を運んでほしいと思います。で、管理員さんや購入予定の住戸の両隣、上下の方のところに購入予定だということを言って、リフォームのあいさつをしつつ、話をしてみて下さい。あいさつに行った時に、あまりに下の階の人の対応が悪くて前の住民の騒音問題について怒っているので、ここは、購入しないほうがいいと判断して、契約をやめたという方がいましたが、ものすごく賢い選択だと思います。

売りたい人、リフォーム工事をしたい人はいい話しかしません。しかし、入居して、管理組合や周辺の人とつきあっていくのはマンションを購入したあなたです。

三つめは、言い古された注意ですが、ペットを飼育できるかどうかです。ペットを飼いたい人は、ペットを飼っている人がいるとかいう事実でなく規約で禁止していないかを確認してください。今だに、入居してからペット禁止と知って、管理組合と揉めて、また引っ越すはめになった方もいます。

隠れペットがいるマンションでも、新たな入居者には厳しいものです。長年の人間関係ができている中で、ご近所の方が黙認してくれている状況があっても、それはその人の特別な状況です。あなたの購入した部屋の近隣は、新たな住民の持ち込んだペットを容認しないのです。

一代限りでペット飼育を特別に認めていて、どう考えても代替わりしているだろうというぐらい長期に渡ってペットがいるマンションでも、新たな入居者には認められません。不公平だと怒っても、しょうがありません。

この3点は、絶対に確認して下さいね。せっかく夢を持って購入したマンションでの揉め事は、家族関係を危うくしてしまうほど、家族にダメージを与えるのです。

image by: Shutterstock

 

『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』

マンションのことなら誰よりもよく知る廣田信子がマンション住まいの方、これからマンションに住みたいと思っている方、マンションに関わるお仕事をされている方など、マンションに関わるすべての人へ、マンションを取り巻く様々なストーリーをお届けします。

<<登録はこちら>>

出典元:まぐまぐニュース!