壊す、崩す、ズラす。ぼくらのラムちゃんが「グリッチ」に遭遇したら

写真拡大

ファッションデザイナー・Nukemeとコラボレーションした「うる星やつら」グッズが販売された。原作者である高橋留美子監修のもと、Nukemeがラムちゃんの「ダーリンのばか!」をバグらせる!

SLIDE SHOW 「壊す、崩す、ズラす。ぼくらのラムちゃんが「グリッチ」に遭遇したら」の写真・リンク付きの記事はこちら
natalie_urusei_02

2/7うる星やつら×グリッチ刺繍(ロゴ白、ロゴ黒)¥9,800(税別)©高橋留美子/小学館

natalie_urusei_03

3/7うる星やつら×グリッチ刺繍(ラム)¥9,800(税別)、うる星やつら×グリッチ刺繍(ロゴキャップ) ¥6,000 円(税別)©高橋留美子/小学館

natalie_urusei_04

4/7うる星やつら×グリッチ刺繍(テン) ¥9,800(税別)©高橋留美子/小学館

natalie_urusei_05

5/7うる星やつら×グリッチ刺繍(電撃)¥9,800(税別)©高橋留美子/小学館

20160807_142938_dsc9353r

6/7ズレるラムちゃん。うる星やつら×グリッチ刺繍(ラム)©高橋留美子/小学館

20160807_150904_dsc9437r

7/7ズレるテン。うる星やつら×グリッチ刺繍(テン)©高橋留美子/小学館

Prev Next

グリッチとは電子回路の中に現れるバグのようなもので、「データや機器の破損そのもの、もしくは、破損しているが再生可能なデータの状態」だという。そのグリッチを「ミシン」に取り入れたのがファッションデザイナー・Nukemeだ。

Nukemeの「グリッチ刺繍」という作品は、コンピュータミシン用の刺繍データ(.pes)のバイナリ(2進数化された情報)を書き換え、針の動きに直接グリッチ(Glitch)を起こし、刺繍される絵を「壊す」のが特徴。「ずっと、高橋留美子先生の作品でグッズを作れたらと思っていて」と語るNukeme。その思いが届き、今回のコラボが実現した。

「ダーリンのばかーっ!」というおなじみの決め台詞とともに繰り出される愛の電撃。その光の中で変形するヴィジュアルを、Nukemeは「グリッチ刺繍」で丁寧に再現した。

今回のコラボレーションでは「うる星やつら」原作者である高橋留美子が監修を手がけ、「うる星やつら×グリッチ刺繍 by Nukeme」が完成した。各商品はニュースサイト・ナタリーが運営するWEBショップ・ナタリーストアでの予約を受け付ており、Tシャツは9月9日、キャップは10月上旬より発送予定。各アイテムは限定数に達し次第、販売終了となる。

NUKEME

ヌケメ|NUKEME
1986年生まれ、東京在住。洋服を根本的なメディアでありコミュニケーションツールであると捉え、洋服を支持体とした作品を主に制作する。他分野の作家との共同制作による作品が多い。ミシンの作動データにグリッチを発生させる『グリッチ刺繍』が2012年に第16回文化庁メディア芸術祭エンターテインメント部門審査委員会推薦作品に選出。同作品でアルス・エレクトロニカ2013に出展、作品展示とワークショップを行った。nukeme.nu

RELATED