放っておくと危険!ガサガサのかかとになる「かかと水虫」の予防法

写真拡大

今年の夏は、サンダルやミュールで足元のおしゃれを楽しめましたか? その疲れた足元をじっくりケアするなら、今の時期から始めるのがおすすめなんです。

ムダ毛の処理やネイルはキチンとできていても、”かかと”までちゃんとケアしている人は意外と少ないはず。あなたのかかとはガサガサと硬くなっていませんか? そのガサガサ、ただの乾燥と思いきや、実は思わぬ病気が潜んでいることもあるのです!

今回は美容カウンセラーの筆者が、足元に潜む“ガサガサの正体”についてご紹介いたします。

 

■“かかと”はなぜ硬くなるのか?

皮膚の中でも比較的硬いかかとは、ガサガサしがちな部分。軽石やヤスリのようなもので何度削ってもまたすぐガサガサになる……の繰り返し。

かかとが硬くなる主な原因は、“外部刺激と乾燥”です。かかとに限らず、皮膚はどこでも刺激を受けると、身体を守るための防御機能として角質層を厚くさせます。

特にかかとは、体重がかかったり地面を蹴りあげたりする役割があります。なので、体のどの部位よりも摩擦が起きやすく、角質層が厚くなりやすいのです。

また、潤いを保ちバリア機能の働きがある皮脂腺がないために乾燥しやすく、肌のターンオーバーが乱れると古くなった角質が溜まっていくのでどんどん硬くなってしまうのです。

 

■見落としがちな“かかと水虫”のリスク

また、放置していたら危険なガサガサがあります。それは、“かかと水虫”。白癬(はくせん)菌というカビが原因でガサガサしている場合は、乾燥が原因じゃありません。

水虫といえば、梅雨のジメジメした時期や冬にブーツを履いて蒸れて発症したり、足の指の間にできるイメージが強いので、かかと水虫は見落とされてしてしまいがち。

しかし、足の指の間で発生した水虫を、治療せずに放置したり根本的な治療ができていないと、その白癬菌は徐々に角質層の奥に進行してゆき、かかと水虫になってしまいます。

一見、よくある“かかとのひび割れ”に見えるので、気づきにくいもの。また白癬菌は、温度15度以上、湿度70%以上になると急激に増殖する性質があります。これは、“足が蒸れている”状態に近い環境といえます。

つまり、ストッキングやパンプスを一日中履いている女性は発症する可能性が多分にあるのです。

 

■早めの対策で“かかと水虫”を撃退!

かかと水虫は普通の水虫に比べ、カビの侵食が深いために治療が難しいといわれています。しかしそのまま放置していると、“爪水虫”といって爪にもカビが侵食してしまいますよ!

「かかと水虫かな?」と思ったら、早めに病院へ行って、適切な治療を受けることをおすすめします。また、治療中は主治医の治療方針を守りながら、自分でも足をまめに丁寧に洗うように心がけましょう。

まだ水虫になっていない人への水虫予防対策としては、

・帰宅したらすぐに足を洗って清潔に保つ

・連続して同じ靴を履かない”、“床や足ふきマット、寝具など、足裏に触れるものを清潔に保つ

・水虫の人と爪切りを共用しない

などの点に気をつけてみましょう。

 

いかがでしたか? 今回は女性によくある”かかとのガサガサ”についてご紹介いたしました。

水虫は見た目で治ったと思っても、深部に根深く残ることが多くあります。とくに秋や冬は、白癬菌が活動を休止して、翌年にむけて活動を控えている時期でもあるんですよ!

来年の夏、キレイな足元でおしゃれをしたいあなたは、ぜひこの機会に”かかと”にも意識を向けてみてください。

(ライター 望月理恵子)

 

【関連記事】

※ まさか子どもが水虫に?感染を防ぐためにママがやるべき事4つ

※ 美容部員が教える「汗でドロドロ顔」になっちゃうNGメイク方法3つ

※ 夏のツケが秋にくる!今から気をつけたい「秋の抜け毛対策」3つ

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 効果なしって本当!? 意外と知らない「水素水」の基礎知識

※ たったの15秒で・・・一味違う「幹細胞コスメ」がすごい!

※ 1回でウエスト-7cm!? 「セルライト対策」とっておきの秘訣とは

 

【姉妹サイト】

※ 残暑疲れもスッキリ!「サクッとエクサ」仕事の前後にできる4つ