強い紫外線が体に負担となっている

写真拡大

【林修の今でしょ!講座】(テレビ朝日系)2016年8月30日放送
「肌、目、脳、猛暑の後のアフターケアSP」

2016年夏、例年以上に暑い日々が続く。降り注ぐ強い日差しは、体に大きな負担をかけている。

番組で取り上げたのは、日光の紫外線による肌と目、脳へのダメージだ。ここでは、目を取り上げたい。

雲の中に入ってしまったよう

MCの林修は、目は医師の間で「むき出しの臓器」と呼ばれていると説明した。心臓や肺のように完全に体内に収まっているのではなく、表面が常に光にさらされており、紫外線の影響を強く受けているからだ。

紫外線を多く浴びると、白内障になる危険性が高まる。誰もが発症しやすい病気で、その割合は50代で半分、70代では9割以上とされる。スタジオでは眼科医で、彩の国東大宮メデイカルセンターの平松類氏が、表面部分が白くおおわれている特製のゴーグルを持ち出した。

平松氏「実際に実感していただきたいと思います」

ゲストの中で指名されたのは、劇団ひとり。ゴーグルを装着した。

ひとり「雲の中に入ってしまったような......ちょっと暗くなると見えない」

白内障になると、視界が白くぼんやりとなり、はっきりと識別しづらくなる。目の水晶体は紫外線の99%を吸収してしまい、それが白内障の原因になる。平松氏によると、水晶体は卵の白身と同じタンパク質。生卵の白身は透明だが、ゆでたり加熱したりすると白くなる。透明な水晶体も、光エネルギーの紫外線を吸収して徐々に白く変わり、白内障になるというのがメカニズムだ。

予防にはホウレンソウを食べよう

夏の強い紫外線を浴びた後は、早めにケアすれば白内障を予防できる。カギとなるのが「ルテイン」という成分だ。ルテインの摂取で水晶体のダメージを減らし、白内障のリスク低下が期待できる。

身近な野菜で、ルテインが豊富に含まれているのがホウレンソウだ。可食部100グラムあたりの含有量を比べると、例えばブロッコリーが1.4ミリグラムなのに対し、ホウレンソウは12.2ミリグラムと圧倒的に多い。

効率よく摂取するために、調理法を工夫したい。ルテインは脂溶性なので、ナムルやバター炒めといった、油を使った料理を番組では勧めた。