男も女も肩を並べて一杯。路地でにぎわう人情酒場

◎昭和の面影に酔いしれる大人のワンダーランド

 狭い路地に小さな店がぎっしり軒を連ねる横丁。酔客たちの笑い声、嬌声がそこかしこで上がり、老いも若きもホロ酔い顔でグラスを傾ける。今宵は東京屈指の繁華街、新宿・渋谷・恵比寿の横丁ワールドへご案内。昭和テイストを肌で感じながら、いざハシゴ酒に繰り出さん!

[恵比寿横丁/恵比寿]

恵比寿横丁

恵比寿駅西口から徒歩2分。共同住宅の1階で栄えていた『山下ショッピングセンター』跡地に、2008年開業。約40mのアーケードに3〜4坪の屋台風店舗が並び、現在21店が営業する。

●ヘルシー&栄養満点!きのこ尽くしメニュー
きのこ

きのこ きのこ

副菜のイメージの強いきのこをプッシュしたきのこ料理専門店。15種以上のきのこを食材に様々なメニューを創作し、秋には天然ものも。ヘルシーかつカロリーの低さゆえ、たらふく食べても安心!?
東京都渋谷区恵比寿1-7-4
電話:03・5420・0108
17:00〜翌5:00(日祝は1:00まで)不定休

●新鮮な馬肉を寿司にして愉しむ
肉寿司

肉寿司 肉寿司

横丁きっての人気店は、桜肉や牛肉を使った寿司屋さん。握りは180円2貫から提供するが、一通り味わいたいなら5種10貫の『福来る盛り合わせ』(2200円)がオススメだ。馬肉に合う樽生ワインもあり。
東京都渋谷区恵比寿1-7-4
電話:03・3444・7005
17:00〜翌5:00 無休

[思い出横丁/新宿]

思い出横丁

新宿駅西口から徒歩3分。正式名称は『新宿西口商店街』だが、『思い出横丁』の名で親しまれている。戦後闇市時代の空気を色濃く漂わせる店舗が80軒以上。近年は女性客や外国人観光客も増えている。

●モツの鮮度で右に出る店はなし
もつ焼 ウッチャン

もつ焼 ウッチャン もつ焼 ウッチャン

掲げた赤提灯に吸い寄せられるように、開店から客足が絶えない。まずは串焼きからお試しを。最適な鮮度で供する大ぶりなモツは臭みなく、弾力抜群だ。ハイボール、シャリキンホッピーなど酒メニューも充実。
東京都新宿区西新宿1-2-7
電話:03・5909・5890
月〜土15:30〜23:00(LO22:00)日祝15:30〜21:00(売り切れ次第LO)無休

●横丁でただひとつのギャラリーバー
ALBATROSS

ALBATROSS ALBATROSS

赤いカラーを基調とした店内にロウソクが灯り、時を忘れて酔いに浸れる。階段を上った2階のソファ席ではアート作品を展示。注文で悩んだら、画家でもあるマスター・宮内克朗さんが作るカクテルをどうぞ。
東京都新宿区西新宿1-2-11
電話:03・3342・5758
月〜木・日17:00〜翌2:00(LO1:00)金土17:00〜翌5:00(LO4:00)無休

[のんべい横丁/渋谷]

のんべい横丁

渋谷駅東口から徒歩2分。若者の街・渋谷において、タイムスリップしたかのような佇まい。約40の店舗には、昔ながらの焼き鳥屋から若い世代によるバーまで混在し、独特の雰囲気を醸成している。

●肩肘張ることのないフランクなビストロ
ビストロ・ダルブル 渋谷本店

ビストロ・ダルブル 渋谷本店 ビストロ・ダルブル 渋谷本店

2004年にオープンしたのんべい横丁唯一のビストロ。名物の『カスレ』や『田舎風パテ』など、フランスの家庭料理を思わせる食事メニューが揃う。常連客に混じって、ビールやワインで喉を潤して。
東京都渋谷区渋谷1-25-9
電話:03・3406・7109
18:00〜24:00 無休

●3代目女将が切り盛り。関西風だしのおでん
なだ一

なだ一 なだ一

屋台に端を発した同店がこの地に店を構えたのは昭和27年。先代から受け継いだ関西風だしがたねに染み込み、日本酒との相性も抜群だ。斜め向かいの姉妹店『まぐろ処』から一品料理を注文できる。
東京都渋谷区渋谷1-25-10
電話:03・3409・8773
18:00〜24:00(LO23:30)日祝休

■タイで超人気のカオマンガイ専門店、渋谷に国内1号店オープン!
ガイトーンTokyo

ガイトーンTokyo ガイトーンTokyo

のんべい横丁より歩くこと5分、2014年7月11日にオープンした『ガイトーンTokyo』。タイの大衆料理『カオマンガイ』専門店である『ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム』の海外初出店だ。本場の雰囲気を再現した内装も見もの。
東京都渋谷区渋谷3-15-2
電話:03・6805・1202
11:00〜23:00(LO22:30)無休
※鶏飯なくなり次第終了

◎店舗など各種のデータは取材時のものです。