強制わいせつ事件の東大生に懲役2年求刑 弁護側は執行猶予付き求める

ざっくり言うと

  • 酒に酔わせた女性への、強制わいせつと暴行の罪に問われた東大生の公判
  • 検察側は「他人への想像力を欠く悪質な犯行だ」として懲役2年を求刑した
  • 弁護側は「悪ふざけ的な犯行だった」として、執行猶予付きの判決を求めた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング