『ペット』 (C) Universal Studios.

写真拡大

8月11日より大ヒット公開中の『ペット』が公開25日目となる9月4日時点で観客動員数300万9708人、興行収入36億6612万1600円と、早くも動員300万人、興収35億円を突破したことがわかった。

[動画]映画『ペット』日本語吹替予告編

本作は、全世界で空前の大ヒットとなり、日本でも興収52億円のメガヒットを記録した映画『ミニオンズ』を生み出したイルミネーション・エンターテインメントとユニバーサル・スタジオが再タッグを組んだ作品。

「飼い主が留守にしている時、ペットたちは一体どんなことをしているのだろう?」という、誰もが一度は考えたことがあるペットたちの日常をユーモラスに描きだした、笑いと絆と感動作。日本語吹替版キャストには、人気お笑い芸人バナナマンの2人をはじめ、佐藤栞里、永作博美、宮野真守、梶裕貴、沢城みゆき、中尾隆聖といった豪華声優陣が集結したことも、話題を呼んでいる。

週末映画ランキングで最初の週に『シン・ゴジラ』を破って1位デビューをはたすと、翌週も1位とV2を達成。3週目は『君の名は。』に破れて2位に下がるも、公開10日間で興収20億円突破、公開18日で30億円突破と、まだまだ伸びしろを感じさせており、どこまで数字を伸ばすかにも注目だ。