【グルメ芸能人 坂上忍流】揚げない!チキン南蛮レシピ

写真拡大

数あるチキン料理の定食メニューの中でも、人気があると思われる唐揚げとチキン南蛮。特にチキン南蛮は、ジューシーなチキンに絡む甘酢タレとコクのあるタルタルソースが絶妙な一品だ。そんなチキン南蛮だが、気になるのはそのネーミング。そう、「南蛮」とは、どういう意味なのだろうか。そんなとき、「教えて!goo」で「南蛮の意味ってなんですか?」という質問を発見! 早速、回答をのぞいてみることに。

⬛揚げないチキン南蛮とは!

質問者のsaty69さんは、南蛮の意味はどこから来ているのかを教えて欲しいと投げかけている。それに対して、「多くはネギのことですね。ただチキン南蛮とかは揚げ物という意味で南からの料理法という意味での使い方だったと思います」(asucaさん)や「諸外国を南蛮と指し、これらの国から入ってきた料理に対して南蛮をあてがった物です」(k2675さん)という回答が寄せられた。

南蛮の意味を知ったところで、さらにチキン南蛮について調べていると、気になるレシピを発見! それは、以前テレビ番組でグルメ芸能人として有名な坂上忍さんが実際に作っている、揚げないチキン南蛮だ。果たして、どんな料理になのだろうか。さっそく、挑戦してみることに。

⬛オーブントースターで焼く!

用意するものは、鶏むね肉(200g)、卵(4個)、玉ねぎ(1/4個)、塩・こしょう(各少々)、小麦粉(大さじ3)、サラダ油(大さじ1)、マヨネーズ(大さじ8)、きざみ高菜(小さじ1)、ポン酢(大さじ4)、砂糖(大さじ1)。この材料で2人分のチキン南蛮を作る。

まず、卵2個を溶き、フライパンで炒り卵を作る。続いて、鶏肉を開いて6等分に切り、包丁の先でつついて穴を開け、塩・こしょうで下味をつける。ボウルに小麦粉・サラダ油・卵2個・塩・こしょうを入れて混ぜ、鶏肉を絡ませていく。さらにキッチンペーパーを敷いて、オーブントースターで10分焼き上げる。ここで、みじん切りにした玉ねぎ・きざみ高菜・マヨネーズ・炒り卵を入れて混ぜ、タルタルソースを作り、砂糖・ポン酢を混ぜて甘酢タレを作っておく。鶏肉が焼けたら器に盛り付け、甘酢タレをかけて、タルタルソースを添えれば出来上がりだ。

より詳しい料理手順は動画でチェック!


ニコニコ動画で見る→bit.ly/2c3AUwx

⬛タルタルソースと甘酢タレのハーモニー!

さっそく食べてみると、美味しいではないか! 濃厚なタルタルソースとさっぱりとした甘酢タレの相性が抜群である。さらに揚げていないせいか、脂っこさがほとんどなく、カラッとしているので、鶏肉本来の味が存分に楽しめる。子どもも大人も喜ぶレシピなので、気になる方はぜひ試してみてはいかがだろうか。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)