◯◯を入れるだけ。料亭のような「なめらか豆腐」を作るコツとは

写真拡大

まだまだ暑いこの季節。お酒を飲むならキンキンに冷えたものが欲しくなりますが、おつまみを「あたたかい」ものにしてバランスをとるのはいかがでしょう。

ここでは、市販の豆腐にひと手間加えることで、まるで料亭に出てくるような、「とろとろでなめらかな豆腐」ができる方法を紹介しましょう。

ヒミツは
「重曹」にあり

熱を加えた重曹を入れることで、豆腐の食感はとろとろになります。ただし、重曹は入れすぎると苦味が出るので要注意。

【材料:作りやすい分量】
絹ごし豆腐  1丁(300g程度)
お湯     600ml
重曹     小さじ2/3

【作り方】
‘蕕某紂⊇伝發鯑れて混ぜ、豆腐を加えて中火で熱する。
△佞弔佞弔靴討たら、表面がとろとろになるまで弱火で5分煮る。

さじですくうと、ぷるっ。口に入れたら一瞬でとろけてしまい、豆腐の素材そのものの味が広がります。出汁を入れなくてもしっかりとした味になるので、おつまみにもぴったり。お好みでポン酢をかけてどうぞ。

どんなお酒とも相性抜群のなめらか豆腐は、体にも優しいですよ。さっそく今夜の晩酌にいかが?