5日、環球時報によると、台湾の蔡英文総統が防弾機能装備の専用車購入を予定する中、市民の間から反発の声が上がっている。写真は台湾総統府。

写真拡大

2016年9月5日、環球時報によると、台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統が防弾機能装備の専用車購入を予定する中、市民の間から反発の声が上がっている。

台湾国家安全局は2017年度予算書の中で、「第14代総統の警備任務のため」として車両購入を説明した。購入費は2500万台湾ドル(約8200万円)。新車両は前後の窓ガラス、ドア、タイヤ、車台すべてが銃や手りゅう弾による襲撃を防げるとされ、立法院の審議を通れば17年2月以降に入札が始まる見通し。引き渡しは同年10月以降が見込まれている。

今年1月の総統選実施後、安全局は蔡総統用などとしてアウディA8Lを計9台購入しており、総統就任式当日の5月20日から使用を始めていた。台湾では3日、蔡政権の年金制度改革に不満を訴える大規模デモが起きたばかり。新車両の購入をめぐってネット上には「高級防弾車に乗る指導者が市民に寄り添えるのか?自転車に乗って庶民と苦しみを共有すべきでは」「たった数カ月で買い替えとは。やっぱり金持ち出身。どうせ我々が払った税金で買うんだろうし」などの声が寄せられている。(翻訳・編集/野谷)