写真提供:マイナビニュース

写真拡大

「ドラゴンクエスト」シリーズの楽曲で知られる作曲家・すぎやまこういち氏が、84歳292日で「The oldest videogame music composer(最高齢でゲーム音楽を作曲した作曲家)」としてギネス世界記録に認定された。

すぎやま氏は1931年4月11日、東京都生まれ。大学卒業後、文化放送を経て1958年、開局1年前にフジテレビ入社。ディレクターとして『ザ・ヒットパレード』などの番組を手がける傍ら作曲家としての活動も始めた。「亜麻色の髪の乙女」「花の首飾り」「恋のフーガ」「学生街の喫茶店」など多くのヒット曲、CM、アニメ、映画音楽、器楽曲、東京・中山競馬場の発走のファンファーレ、マーチなど幅広いジャンルの音楽を手がけており、1986年に第一弾がリリースされた「ドラゴンクエスト」シリーズの音楽もすべて担当している。また、現在開発中であるシリーズ最新作『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』でも作曲を担当し、本作書き下ろしの楽曲を多数制作するなど精力的な活動を続けている。

なお、同記録については、2016年9月8日に発売される書籍『ギネス世界記録2017』日本語版(発行:角川アスキー総合研究所)に掲載予定となっている。