抗菌石鹸「効果に科学的根拠なし」で販売禁止に:米国

写真拡大

米食品医薬品局(FDA)が、抗菌(薬用)石鹸の販売を禁止することを発表した。抗菌石鹸が普通の石鹸よりも優れているという科学的な証拠はなく、長期的に見れば殺菌成分は有害無益だという。

「抗菌石鹸「効果に科学的根拠なし」で販売禁止に:米国」の写真・リンク付きの記事はこちら

米食品医薬品局(FDA)は9月2日(米国時間)、各種の「抗菌石鹸」の販売を禁止するという声明を発表した。この最終決定に先立ちメーカー側は、こうした石鹸が安全で、普通の石鹸よりも効果的であることを示すことを求められていたが、FDAによると、それが示されることはなかったという。

連邦政府による今回の決定は、薬用ハンドソープなどに広く含まれるトリクロサンやトリクロカルバンなど、19種類の特定化学物質をひとつ以上含む、あらゆるハンドソープや殺菌洗浄料に適用される。各メーカーは1年の猶予を与えられ、自社製品を見直すか、市場からの撤去を求められる。

トリクロサンなどを含む抗菌石鹸はほとんど効果がなく、むしろ消費者にリスクをもたらす恐れがある、という科学者からの指摘は以前から行われてきた(日本語版記事)。例えば、抗生物質耐性菌の強化や日和見病原体の助長、マイクロバイオームの乱れといったリスクがある。

9月2日に公表された最終決定のなかでFDAは、こうした研究結果に同意しているようだ。FDAの医薬品評価研究センター(CDER)でディレクターを務めるジャネット・ウッドコックは声明のなかで、「消費者は、抗菌作用のある洗浄料は細菌の繁殖を防ぐ効果が高いと思うかもしれません。しかしわれわれは、そうした洗浄料が普通の石鹸よりも優れている、という科学的な証拠を得られませんでした」と述べている。「むしろ一部のデータは、長期的に見ると、殺菌成分は有害無益である恐れがあることを示唆しています」

FDAは2013年に初めて、トリクロサンの安全性について検討するという考えを示した。そしてメーカー側に対して、製品が無害で、細菌の除去において普通の石鹸より優れていることを示すデータの提出を求めていた。FDAの今回のリリースによると、メーカーはデータの提出を行わなかったか、あるいは提出をしてもデータの説得力は欠けていたという。一方、すでに多くのメーカーが、トリクロサンをはじめとする抗菌成分の使用を徐々に減らし始めている。

アルコールを主成分とするハンドサニタイザーやウェットティッシュなどは今回の決定の対象外であり、こうした製品に対しては現在、FDAがまた別に見直しを行っている。また、医療機関で使われている消毒薬なども規制対象外となっている。

RELATED