『デスノート Light up the NEW world』 (C) 大場つぐみ・小畑健/集英社 (C) 2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS

写真拡大

2006年に2部作で公開され大ヒットした『デスノート』シリーズの10年後を描いた続編『デスノート Light up the NEW world』の本予告編が解禁となった。

[動画]解禁となった『デスノート Light up the NEW world』本予告編

新作となる『デスノートLNW』は、「そのノートに名前を書かれた人間は死ぬ」という“デスノート”をめぐって繰り広げられる“夜神月(やがみ・らいと)”と“L(える)”の天才同士の壮絶な戦いを描いた2006年版から10年後の2016年が舞台。

解禁となった予告編では、ノートが失われた今でも、ある者はノートの謎を追い続け、ある者はノートと戦う意志を受け継ぎ、ある者はノートによって人生を救われたというナレーションが流れ、それに対応する人物として、デスノート対策本部捜査官・三島創(東出昌大)、Lの遺伝子を継ぐ世界的名探偵・竜崎(池松壮亮)、キラ信奉者でサイバーテロリスト・紫苑優輝(菅田将暉)の3人の男たちが紹介されていく。

続いて、デスノートを使って犯罪者を粛清し、理想の社会を作り上げようとした夜神月とは真逆に、無差別殺人を行う“思想なき”デスノート所有者・青井さくら(川栄李奈)によって渋谷が大混乱に陥る様子が映し出されると、突然、「もっとおもしろいもん見せてもらおうじゃねぇか」とデスノートを手に持つ死神・リューク(中村獅童)の姿が映し出されるといった内容だ。

そうした中、まさかの不敵な発言をするのが菅田演じる紫苑。「夜神月は生きている」と月の元恋人・弥海砂(戸田恵梨香)に話しかけるのだ。これに弥海砂は「そんな話、信じるわけないでしょ?」と返事をするも、再びデスノートを手にした海砂の背後には、あのリュークの姿が映り込んでいるのだ。いったい、どんなストーリーが待ち受けているのか?

映画『デスノート Light up the NEW world』は10月29日より全国公開となる。