楽天がフリマアプリ「フリル」運営会社のFablicを完全子会社化

写真拡大

 楽天が、フリマアプリ「フリル(FRIL)」を運営するFablicの発行済み全株式を8月31日付けで取得し、完全子会社化したことを発表した。株式取得額は非公表。楽天IDによるログインが可能になるほか「楽天スーパーポイント」を活用したポイントキャンペーンなど、同社が展開するサービスとの連携を年内までに開始する予定だ。 楽天がFablicを完全子会社化の画像を拡大

 「フリル」は日本初のフリマアプリとして2012年7月にサービスを開始。10代後半から20代の女性を中心に支持を集め、現在のダウンロード数は累計500万を超えている。 今回の買収により、楽天が展開するフリマアプリ「ラクマ」とともに個人間売買(C2C)市場で拡大を目指し、相互送客などにおいて補完し合いながら効率的に顧客基盤の強化に取り組むという。