木村拓哉の妻として解散騒動で注目を集めた工藤静香

写真拡大

 SMAP解散宣言以降、逆風が吹いている木村拓哉工藤静香夫婦。解散には静香が関与したとの声もあり、トップアイドルの妻の厳しさを静香は今、改めて感じているのかもしれない。

「以前、香取くんが『アイドルの結婚は難しい。すべての人に認められる相手じゃないといけないから』とこぼしたことがありました。“すべての人”とは、ファンはもちろんのこと、事務所やグループの他のメンバーのことも指していたようです」(芸能関係者)

 アイドルが結婚すると異性のファンが離れる可能性は否定できず、事務所にとっては明らかにリスクだ。逆にいえば、アイドルの結婚には事務所の理解が欠かせない。

 ジャニーズで結婚後の道を初めて切り開いたのは、1994年6月に結婚した近藤真彦(52才)だった。

「マッチ夫婦がメリー喜多川副社長の理解を得たことが大きかった。妻の出産に仕事で駆けつけられなかったマッチに代わってメリーさんが立ち会い、『生まれたわよ』とマッチに報告したほど。彼の結婚が経営陣に認められたことで、後輩たちの結婚にも道ができました」(別の芸能関係者)

 とはいえ、近藤の妻は芸能人ではない。2000年12月、人気絶頂の木村が、誰もが知る静香と結婚。事務所としては認めるわけにはいかなかった。

「静香さんはメリー副社長のもとに足を運び、時間をかけて説得。最初は反対していたメリーさんもいつしか家族同然のつきあいにまでなったんです」(前出・別の芸能関係者)

 その後、2007年にイノッチこと井ノ原快彦(40才)が瀬戸朝香(39才)と、2010年に東山紀之(49才)が木村佳乃(40才)と結婚。

「彼女たちも必要以上にテレビで夫や家族を感じさせる言動はしません。事務所とのつきあいはもちろん、結婚時には両夫婦とも、ジャニーズの“ファン代表”だった森光子さん(享年92)へ挨拶もしました。

 夫の年齢やファン層もありますが、最近、佳乃さんはドラマやバラエティーでも活躍し、ジャニーズの妻がここまで来たかと話題になっています」(前出・芸能関係者)

 だが、静香だけは特別だった。結婚後、ほとんど芸能活動を休止していた静香だが、本人もスターゆえに人一倍気を使わなければならなかった。

「静香さんは1990年代に爆発的な人気を誇ったアーティストです。そんな静香さんに木村さんが憧れて交際が始まりました。木村さんがいくら大物でも、静香さんには夫の影に隠れきれない存在感があることは、誰もが認めるところでしょう」(前出・芸能関係者)

 夫の仕事に配慮し、事務所との関係を大切にするのは、家庭を持つ妻として、母として当然のことだ。それでも批判を免れないのだから、トップアイドルの妻は難しい。

「イノッチは実は、V6のメンバーによく奥さんの話をするんです。自分の妻として認めてほしい、理解してほしいという思いがあるのでしょう。

 木村さんと静香さんの夫婦は他のメンバーとの交流を一切持たなかった。そのことが、今となっては悔やまれます」(前出・別の芸能関係者)

 解散まであと残された時間は4か月しかない。

※女性セブン2016年9月15日号