植松晃士氏が秋に推奨するファッションとは?

写真拡大

 世の中のオバさんたちに健康かつ美しく生きていくために、ファッションプロデューサーの植松晃士さんがアドバイス。今回は、秋のファッションを劇的に変えるアイテムについて語ります。

 * * *
 皆さま、ご機嫌よう!

 早くも暦は長月(9月)となりました。長月は実際には新暦の10月上旬から11月上旬頃を指しますが、夜がだんだん長くなる夜長月が略されたという説が有力のようです。

 それにしても、年齢を重ねるごとに、月日の経つのは早く感じられるものですね。私など最近では、深呼吸ひとつすると季節が変わってるくらいの感覚です。

「秋といえば?」とご婦人がたに質問すると、松茸に栗ご飯、秋刀魚、ぶどう…。食べ物の名前ばかり出るのはどうしてでしょう。

「芸術」という答えはおろか、「ファッション!」と答えてくださるかたもいらっしゃらないのは、寂しい限りです。

 いずれにせよ、爽やかな風が待ち遠しい今日この頃。今回は一足早く、秋のファッションを劇的に変える、魔法のアイテムをご紹介します。

 それは、ずばり、“ベルばらブラウス”です。“ベルばらブラウス”を具体的に説明すると、シルキーで艶感のある、いわゆるとろみ素材のボウタイブラウスのこと。

 ディテールとしては、フリルやラッフル、プリーツなどが配されたデコラティブなブラウスの総称です。

 余談ですが、『ベルサイユのばら』を演じたタカラジェンヌのお話をすると、だいたいそのかたの年齢がわかりますね。初演はなんと昭和49年。初演のオスカルは榛名由梨さん、アンドレは麻生薫さんでした。

“ベルばらブラウス”の魅力は、それ1枚でサマになる、華やかな存在感という言葉に尽きるでしょう。

 ゴージャスでエレガントなアイテムですから、このブラウスを手にとって、まさかヨレヨレの綿パンをはこうと思うかたはいらっしゃらないはずです。

 ともすれば失いかけていたおしゃれ心に火をつけてくれる、得がたいアイテムでもあります。

 できればスカートにブラウスの裾をインして、正統派の装いでお出かけしていただきたいのですが、「それは無理です。あまりにもハードルが高いわ」とおっしゃるのであれば、デニムや細身パンツに合わせてもけっこう。

 その場合は、できれば足元だけでもエレガントなパンプスで。そして装いの仕上げには「小さめのバッグ」がマストです。

 百恵ちゃん、麻丘めぐみちゃんが活躍した時代を思い出してみて。ボウタイブラウスを清楚に着こなしたアイドルさんたちが、どれほどかわいらしかったことか!

 そもそも、昭和世代の皆さまは、華やかに装う“お出かけ着”を着ていた記憶があるはずです。以前は外出から帰ったら、必ず外出着から家着に着替えたもの。

 それが今はどうでしょう。外も家も同じ。きちんと装うことを忘れてカジュアル一辺倒になってしまったのは、実に嘆かわしいことです。街を見渡してみると、コンビニに行くようなスタイルの女性が多すぎます。

 ぜひ、この秋は“ベルばらブラウス”で、優雅なおしゃれを楽しんでください。そして購入したら、外出着としてガンガン着ることです。“とっておきのよそ行き”なんて思っていると、そのうち旬が過ぎてしまいますよ。

 この秋の“ベルばらブラウス”は、着るたびにコストパフォーマンスも、あなたの評判も上がること、間違いありません。

 オバさん、万歳!

※女性セブン2016年9月15日号