今回は「古典和歌」について(※イメージ)

写真拡大

 モデルの知花(ちばな)くららさんが、「朝日歌壇」の選者である永田和宏先生に短歌を詠む秘訣を聞く本誌連載『知花くららの「教えて!永田先生」』。今回は「古典和歌」について聞いた。

*  *  *
知花:今回は古典和歌について教えてください。短歌を上達させる上で、古典和歌はお勉強したほうがいいですか?

永田:う〜ん、勉強しなさいとは言わないけど、知らないよりは知ってたほうがいいとは思う。千年も前の人が、私たちと同じように恋の歌を作り、人が亡くなってしのぶ歌を作っていたんだと知るだけでも歌という形式への思いが違ってくる。有名な歌を覚えておけば、その一部を自分の歌の中に採り入れて表現する、本歌取りという手法も使えますしね。

知花:本歌取りって、どういう効果があるんですか?

永田:って、短いという制約がある中で、いかに多くのことを深く歌えるかが大切だと思うけど、古歌を引用することによって、その歌の持つ意味とかイメージも参照して解釈してもらえるから、一首だけで勝負するよりも歌に奥行きが出て重層的になるんです。

知花:高度……。あの、根本的な質問ですけど、古典和歌と現代短歌とはどういう違いがありますか?

永田:五七五七七という形式と、文語定型を基本としている点は同じ。でも、歌を詠むときの姿勢はかなり違います。特に中世の新古今和歌集のころは個人が勝手に詠むことは少なくて、歌会などで天皇が出すお題に沿って詠んでいました。そこで大事にされたのは、いかにみんなが同じ思いで和することができるか。たとえば、梅には鶯(うぐいす)と決まっていて、カラスではいけない。

知花:今の心境は鶯よりカラスだ、みたいな独自の発想はダメ?

永田:ダメ。そういう決まりごとやテクニックがたくさんあって、一つのサロン芸術として発達したものなんですね。やがてあまりにも技巧が高度になりすぎて、現代人の我々が素朴に涙するくらい感動することはむずかしくなってきた。古典和歌でも万葉集の時代はもっと素直に自分を出している歌もあるんだけど。

知花:貴族だけじゃなくて、詠み人知らずの歌もいっぱいありますよね。

永田 そう。だけど、我々が本当に感動できるのは、明治時代に正岡子規や落合直文が流れを作った近代短歌以降だと思う。サロン芸術とは逆で、独自の感性を追求して表現しましょうという、今に続く短歌の原点がある。過去の歌を勉強するなら、まずは近代短歌をおすすめします。

知花:ちなみに、古典文法はどうですか?

永田:僕は、文法の体系を覚えてもあんまり意味がないと思っていて。自分が歌を作っていく過程で、たとえば歌会とかで「これは文法的に間違っている」とか人に指摘されながら現場で習得していくほうが身につくと思いますね。

知花:そうか、じゃあ実践で鍛えるしかないんですね。

週刊朝日  2016年9月9日号より抜粋