9月7日(日本時間8日)にリオパラリンピックが開幕する。日本はロンドン大会の2倍となる"金メダル10個"を目標に掲げる。その候補のひとりとして期待されるのが、車いすテニス国枝慎吾(ユニクロ)だ。リオではシングルス3連覇がかかる。

 グランドスラムの男子世界歴代最多となる40回の優勝を誇る彼をもってしても、4年に一度のパラリンピックという舞台は、「比較にならないくらい特別な場所」と語る。同時に、スコアの数字以上に拮抗した試合展開になることが多いことから、「怖い場所」でもあるという。不屈の闘志でその世界の頂点に君臨してきた国枝だが、今回はこれまでと違う不安を抱えて臨むことになる。その不安とは、肘の調子と、その影響による実戦不足だ。

 国枝は4月に痛みを抱える右肘の内視鏡によるクリーニング手術を受けた。この時、9月のパラリンピックまでの期間を考えると遅いのではないか、という声も周囲から漏れた。だがこれは、ロンドンパラリンピックを控えた4年前も同様の出術をし、見事に完全復活した経験から、リオに間に合うギリギリの段階まで熟考を重ねた上での決断であり、もちろんそのタイミングも計算のうちだった。ところが、想定外のことが起こる。術後の経過が思わしくなく、痛みが再発したのだ。

 7月のウインブルドンは欠場を余儀なくされた。これまでグランドスラムの中で唯一ダブルスのみの開催だったウインブルドンは、今年からシングルスも実施されることになっていた。長年、選手の声を代表して「グランドスラムにはシングルスとダブルスの両方揃うことが自然」と主催者に訴え続けてきた国枝にとって、モチベーションは誰より高かったはずだ。しかし、「どうしてもその時期にテニスができる状態ではなかった」といい、「テレビでライバルが優勝する姿を見て、ジェラシーを感じた」と当時の心情を打ち明けた。

 全仏オープン以降は、国内で治療とフィジカルの強化に充てたが、調子には波があった。約1カ月間テニスを離れた時期はどん底だった。「何度も心が折れ、一番苦しかった。もしかしたら、パラリンピックに出られないかもな......というところまで頭をよぎった」というほど、追い込まれていた。

 そんな彼を支えたのが、家族やコーチ、トレーナーたちだ。

「"チームクニエダ"が必死になって、リオの舞台に立たせようという思いで調整してくれた。それがなければ、今回は本当に厳しい出発になったと思う」

 丸山弘道コーチによると、7月中旬から段階的にテニスを再開し、「8月を過ぎてから、回復のトレーニングではなく、少し強化がかった練習ができるようになった。十分ではないが、テニスとしてまとまってきた状態」といい、調子が上向きであることをうかがわせた。

 現状の確認と調整を兼ねて、先月22日に国枝はカナダのトロントに飛び、バーミンガム・クラシック(ITF1シリーズ/8月25日〜28日)に出場。男子シングルスのエントリーは12名という規模ではあったが、すべての試合でストレート勝ちし、優勝した。国枝は第1シードで、自分よりランキング上位の選手との対戦はなかったものの、全仏オープン以来となる実戦で最後まで勝ち抜いたことに意味があったはずだ。

「ようやくリオの舞台にたどり着けそう。僕自身、まだ自分の可能性を信じています」

 トロントに出発する際に、報道陣の前でこう語っていた国枝。テニス人生最大の試練に立ち向かい、リオへと続く道の扉を力強く開けたその先に待っているものとは――。

 リオでは、世界ランキング1位のステファン・ウデ(フランス)が優勝候補筆頭と言えるだろう。4年前のロンドンの決勝で国枝に敗れて銀メダルに終わった悔しさを糧に、進化を続ける45歳。「今度は自分が一番になる」と気合い十分だ。そして、同2位のヨアキム・ジェラード(ベルギー)、同3位のゴードン・リード(イギリス)ら勢いのある20代の選手が存在感を増しつつある。

 こうしたライバルたちに対し、国枝は世界ランク7位で今大会を迎える。ベスト8、そしてベスト4で世界ランキング上位者と対戦する可能性があるが、その点に関しては「頂点に立つにはどこで当たろうと全員倒さなければならない。早いか遅いかの順番はあまり関係ない」と冷静だ。

 今年に入って出場したのは5大会のみ。15大会ほどエントリーしているライバルたちと比べて圧倒的に実戦の数が少ない国枝にとって、今回は初戦からの戦いぶりが重要になる。納得いくプレーを1つずつ積み上げ、自信を取り戻しながらトーナメントを勝ち上がれば、おのずと結果はついてくるはずだ。「己との闘い」にどう決着をつけるか。リオ大会での国枝のテニスに注目が集まる。

荒木美晴●取材・文 text by Araki Miharu