実はいけないことだった!? 夫婦愛が冷める「意外なNG習慣」4つ

写真拡大

なぜか私たちは、「結婚したら自動的に幸せになっていく」と思いがちです。

その気がない妻ほど猶予はない!? 夫が本気で離婚を考える「めんどくさい妻」の特徴

特に、夫婦関係が普通にうまくいっていたら、「愛が冷める」なんて考えもしないし、考えたくもありませんよね。

でも、愛を深めると信じていた「夫婦の習慣」が、実は将来的に愛が冷めてしまう”悪習慣”だったら!?

今すぐに、その習慣を改めたほうがいいかもしれません。

今回は、7000件の夫婦問題を解決に導いてきた夫婦問題カウンセラー・高草木陽光が、実際に見聞きしてきた「夫婦の愛が冷めるNGな習慣」を4つご紹介します。

「パパ」「ママ」と呼び合う

どっちが決めたわけでもないのに、いつの間にかお互いを「パパ」「ママ」と呼び合っていませんか?

子どもと話をするときは、もちろん「パパ」「ママ」で構いませんが、夫婦同士でお互いを呼び合うときには、絶対にやめたほうがいい習慣の1つです。

その理由は、2つあります。

1:刺激を失う

子どもが生まれると、「父親としての役割」「母親としての役割」がプラスされますが、夫婦は夫婦のままです。

子どもが成長し、巣立っていっても”夫婦”は、この先何十年も夫婦を続けていくことになるのです。

結婚後、たったの数年で愛情が冷めてしまう夫婦も少なくありません。

そのような夫婦は、お互いを”異性”として認識しておらず、子どもの「父親」とか「母親」、なかには「ただの同居人」としか思えなくなってしまう人もいます。

そうならないために、お互いを”独身のときに呼び合っていた呼び方”で呼ぶ習慣にもどし、「昔と変わらない関係を思い出させてくれる環境」を積極的につくりだすことが大切なのです。

2:幸福ホルモンが分泌されにくい

以前、ある化粧品会社が、「ファーストネームで呼ばれた女性は、幸福ホルモンのオキシトシンが増えて、ストレスホルモンのコルチゾールが減る」という調査結果を発表しました。

いつも、妻のことを「ママ」としか呼んでいなかった夫が、あるとき妻をファーストネームで「由佳子(仮名)」と呼んだとき......

妻は、驚きと同時に笑顔になったり、なかには泣いてしまう妻もいたりしました。

そのときの、妻の脳はどうなっているのかというと、幸福ホルモンといわれる「オキシトシン」が増え、幸せな気持ちになっているのです。

また、「ママ」とか「お母さん」と夫に呼ばれている妻は、「役割」を想像させてしまうこともあり、幸せな気持ちになりにくいようです。

夫婦のルールを細かく決める

「夫婦間のルールは決めておいたほうがいいのでは?」と思う人は多いかもしれませんね。

ある程度、”ざっくり”は決めておいたほうがいいかもしれませんが、「細かく、たくさん」のルールを決めている夫婦ほど、実はケンカが増えてしまう傾向があります。

ルールは、守るためにあります。

本来は、安らぎを感じられる者同士でいなければいけない夫婦間で、「守るべきこと」が多すぎたらどんな気持ちになるでしょう?

また、約束を守っているほうが、守らないほうを”責める”のは目に見えています。

毎日、日常の中でお互いを指摘し合う夫婦が、愛を深めていくのは難しいのです。

夫婦のルールは、「お互いに嫌だと思うことはしないようにすること」という程度の”ざっくり”した感じに留めておきましょう。

常に一緒にいる

家でも外でも、常に一緒にいることを好む夫婦がいます。

しかし、その場合、好む「夫婦」ではなくて、どちらか一方が好んでいるだけで、たいがい夫婦のどちらかは「不満」をもっていることが多いのが現実です。

夫婦のどちらかは、「一緒にいないと機嫌がわるくなるから」とか「無理矢理そうさせられている」というように、「仕方なく一緒にいる」というのが本心である場合が少なくありません。

夫が妻と常に一緒にいたがる場合は、他から見た「イメージ」だったり、「カモフラージュ」だったり、いつも妻任せで「何もできない夫」だったり......。

妻が夫と常に一緒にいたがる場合は、夫の行動を把握していないと気が済まない「嫉妬心」が強い妻だったり、「この素敵な男の妻は私よ!」という「妻アピール」をしたい妻だったり、「依存心」が強い妻だったり......。

人は、縛られれば縛られるほど逃れたくなる心理が働きます。

夫婦で同じ仕事をしている場合でも、たまには距離をおく工夫が必要です。

「ひとりの時間を楽しむ習慣」を身につけましょう。

一緒にお風呂に入る

これも、「たまに」なら良い刺激となり、夫婦の愛も深まるかもしれません。

しかし、夫婦でお風呂に入ることが「習慣」になっている場合は、話は別です。

一緒にお風呂に入る習慣がある夫婦は、仲が悪いわけではないので、「家族愛」は深まるかもしれませんが「夫婦愛」は深まりません。

お互いの体を見慣れてしまい「刺激」や「色気」とは無縁で、セックスレスになる夫婦も多いのです。

「家族」という意識が強くなるので、妻は安心感が増すかもしれませんが、夫は色気を外に求めてしまうことがあるのでお気をつけください。