以前トゥギャッチでご紹介した水回り用品など、コスプレ衣装やジオラマを制作するうえで、注目される100円ショップの製品。

 今回は、あるキッチン用品とグルーガンを組み合わせた意外な使い方が反響を呼んでいるようだ。

 投稿者が100円ショップ「ダイソー」で購入したというシリコンマット。鍋敷きやボウルでかき混ぜる際のすべり止めなど、キッチン周りのちょっとしたお役立ちアイテムだ。

 この穴にグルーガンでホットボンドを流し込むと、六角柱が密集したハチの巣状のシートが完成。そのまま塗装すればウロコや甲羅に、ガチャガチャ用のカプセルの内側に入れて昆虫の複眼やカラータイマーに見立てたりできるという。

 凹凸部分が正方形やひし形になっている製品もあるので、ジオラマの壁面や床を作る際にも活用できそうだ。

 投稿者によれば、ホットボンドを流し込むときのコツは、グルーガンのノズルをマットに密着させること。空気が入りにくくなるそうだ。また、固まる前であれば、上からシリコンシートでならすことも可能とのこと。

 細胞やタイルなど、同じ図形が規則的に並んでいるのを表現したい人は、この方法を参考にしてみてはいかがだろうか?

 その他、大きな画像や関連リンクはこちら