ヤバ、こぼしちゃった! 恥ずかしい食べこぼしのシミを隠す方法

写真拡大

仕事中、ほっと一息つけるのがランチタイムです。お弁当派女子もいれば外食派女子もいるでしょうが、気になるのが「食べこぼし」について。気付いたときには「あ! やっちゃった!」なんてこともあるはずです。そのままの姿で午後の仕事をこなすのは、あまりにも恥ずかしいものですが……あなたならいったいどうしますか? ランチタイムの食べこぼしで、シャツを汚してしまった後の行動について、女子たちに聞きました。

■洗います!

・「汚した場所にもよりますが……とりあえずお手洗いで、その部分をぬらしてせっけんで軽く洗う」(34歳/情報・IT/事務系専門職)

・「トイレに駆け込み、水でよく洗う。服が水でビショビショに汚れても、汚れのついたままの服を着ているよりもマシ」(32歳/医療・福祉/事務系専門職)

食べこぼしのしみは、厄介な汚れですが、ついた直後であれば水だけで落ちることも多いものです。しみの下にタオルやペーパーを入れ、ぬらしたタオルで上からトントンしてください。下のタオルやペーパーに、汚れが移るはずですよ。

■買いに行きます!

・「最近はドラッグストアにすら服が売っているので即行で買いに行く」(38歳/建設・土木/その他)

・「休憩中にユニクロに行って、新しい着替えを買う」(29歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

洗っても落ちない頑固な汚れには、もうこの方法しかありません!? シンプルなシャツであれば、手に入れるのにそれほど苦労はしないはず! 普段から、どこで購入できるのか意識しておくと、いざというときに慌てなくて済みます。

■着替えに帰ります!

・「いったん家に帰って急いで着替える」(29歳/医療・福祉/専門職)

こんな意見もありました。職場と家が近い場合には、こんな裏技もアリ!? 迷っている暇はありませんから、速攻で行動に移すことがコツと言えるのかもしれませんね。

■アクセントで隠します!

・「スカーフを巻いて、しみが見えないようにする」(31歳/その他/その他)

・「カーディガンが置いてあるので上に着る」(36歳/電機/事務系専門職)

思わず「技あり!」と言いたくなるような意見をあげてくれた女性たちも。冷え対策のため、職場に上着を常備している方も多いでしょうから、使えるテクだと言えそうです。またスカーフであれば、さらに持ち運びは簡単に! 汚れやすい部位別に、華やかさをアップしてくれる結び方を身につけてみて。

■まとめ

食べこぼしでやっちゃった! なんて経験は、思わぬ瞬間に訪れるものです。「もう大人だから……」と油断せず、職場に簡単な着替えを用意しておくのがオススメです。「もしかして、見られている!?」なんて不安にならず、午後の業務にも集中して取り組めそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数220件(22歳〜39歳の働く女性)