『こち亀』両さんにはまた会える?秋本先生「『こち亀』のネタはまだまだ沢山あります。」

写真拡大

秋本治先生の人気漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が集英社・週刊少年ジャンプでの連載40周年となる節目に、9月17日発売の同紙42号をもって「連載終了」することが9月3日に発表されました。

発表されたのは、東京・神田明神にて執り行われた『こちら葛飾区亀有公園前派出所』連載40周年記念完全描きおろし絵巻奉納式の記者発表において。
当日ネットニュースでは速報が出され、後に新聞、テレビでも報じられ多くのファンを驚かせました。

【関連:40周年記念舞台『こち亀』メンバーに、ユージ、原幹恵、池田鉄洋、彩輝なお】

(特別山車)

(特別山車)

■掲載されているのが当たり前になってた「こち亀」

本作は1976年の連載開始から一度の休載もなく掲載されつづけてきたため、ジャンプを開けば「掲載されているのが当たり前」と感じていた人が多く「サザエさんと同じ感覚だった」といった声がネットにはちらほら。

(1巻表紙)

(1巻表紙)

(200巻表紙)

(200巻表紙)

■「両さんサヨウナラ」な雰囲気だけど?発表コメントでは……

さらに報道をうけネットでは「両さんサヨウナラ」というお別れ会的空気が漂っていますが、編集部からの発表および秋本先生のコメントを深読みする限りはどうやら両さん完全引退というわけではなさそう。それに発表は「終了」じゃなく「連載終了」です。

編集部の発表では「今後も週刊連載・少年ジャンプの枠を越えて、永遠に「両さん」というキャラクターは生き続けます。新たなステージに突入する『こち亀』を引き続き宜しくお願い申し上げます。」とされており、連載は終わるけど今後何らかの展開を臭わせています。直近だと9月9日には舞台の初日が控えていますしね。

さらに秋本先生のコメントにも「『こち亀』のネタはまだまだ沢山あります。でもやっぱり両さんはこれで一区切りつけて、機会があれば時々遊びにいくぐらいはいいかなと思ってます。」とあるので、続編はないかもしれませんが何らかの作品か形で今後登場する可能性はあるようです。

(秋本治先生)

(秋本治先生)

なお、今回奉納された絵巻は9月11日までの約1週間、神田明神の祭祀殿で展示される他、9月14日から9月26日まで、日本橋眦膕阿燃催される「こち亀展」でも出張展示されるそうです。(一部分の展示となります。また、会期中展示替えがあります。)他にも最終話を掲載した200巻発売が9月17日発売予定です。

(連載40周年記念完全描きおろし絵巻)

【作者・秋本治先生コメント】
びっくりさせて申し訳ないです。今日、こんなめでたい席で終わっちゃうのは
寂しいかもしれないけど、本当はすごくおめでたいことで、少年誌で漫画が
40年続くってことはまずありえないですよね。
やっぱり、少年誌は読んでくれる方がどんどん変わるし、ましてや週刊の方は
色んな新しいのを入れながら動くってのが少年誌の王道なので。
そんな場所で40年描かせてもらえたことは本当に嬉しいことなんです。
ましてや200冊まで出してくれたっていう、集英社と週刊少年ジャンプ編集部に
作家としては本当にどれだけ頭を下げても足りないぐらいです。
200巻は作家にとって、勲章みたいなものですね。

両さんはお祭りが大好きなんですね。
で、200巻ということで、区切れの200で止めるのが一番こう、
ぱっと身を引くのもいいし、40周年でみんなで祝ってもらったときに
スッと消える感じがやっぱり両さんらしいし、そしたらこれしかないなということで。
もちろん編集長とかはできるだけ描いてくださいというのもありましたけど、
やっぱり両さんの引き際としては、200冊残して40周年で祝ってもらって
スッと消えるのがやっぱり一番良い大団円の場かなと思いましてそれで決めました。
これ本当に作家冥利に尽きる話で、もちろんいつまでもずっと描きたい
気持ちはもちろんあるし、『こち亀』のネタはまだまだ沢山あります。
でもやっぱり両さんはこれで一区切りつけて、機会があれば時々遊びに
いくぐらいはいいかなと思ってます。

【編集部コメント】
 読者の皆様におかれましては、長年の多大なるご声援、ご愛読を頂きましたこと、深く感謝申 し上げます。編集部としても、まだまだ『こち亀』を読みたい気持ちは、読者の皆様と同じです が、先生が元気一杯に新たなチャレンジをしていきたいというご意見に敬意を表し、今回の発表 とさせていただきました。

 「週刊少年ジャンプ」42号で『こち亀』の連載は終了しますが、「両さん」というキャラク ターは、ジャンプの、そして日本の宝です。今後も週刊連載・少年ジャンプの枠を越えて、永遠 に「両さん」というキャラクターは生き続けます。

 新たなステージに突入する『こち亀』を引き続き宜しくお願い申し上げます。

(C)秋本 治・アトリエびーだま/集英社